FX@外為ランキング

ブログ

2017年9月21日 7時06分31秒 (Thu)

毎日の「丁寧」の積み重ねが「サトヴァ」の増大につながる

添加物や、
自分に合わない食べ物、
タバコやお酒の飲みすぎだけでなく、

不快な音や、言葉、思い、
テレビなどでの暴言や暴力シーンなども、
私たちの体内に不健康な化学物質を
つくりだします。

それらがアーマ(未消化物、毒素)となって、
細胞の中にも、
思考の中にも蓄積していき、

結果的に、病気となって表れてきます。


ですから、
タバコもお酒も飲まない、
健康的な食事をしていたとしても、

不快な音や言葉、思い、などに囲まれていては
結局は病気のもとをつくることになります。


ただ、そのように私たちの身体が
今、どれだけ汚れてアーマが蓄積されていたとしても、
アーユルヴェーダを続けることで、
サトヴァ(純粋性)が表にあらわれてきます。


サトヴァがあらわれてくる時、
私たちは「完全な健康」といわれるところに
近づいていきます。

アーユルヴェーダでは、
サトヴァが増大してくると、

私たちは努力なしに、
自然と純粋な人生を生きることができ、
どんどんと自分を高めていくことができると
言われています。


そして
その時はじめて、
「自然と調和して生きる」という言葉の意味を
頭で理解するのではなく、
体感することができます。


そんな
サトヴァ(純粋性)を増大する方法としては、
以下のものが挙げられています。

●自然の中で過ごしたり、
瞑想や静かに座る時間を持つ

●誰に対しても気持ち良く、寛大に過ごす

●よく考えて行動する、衝動的に行動しない
 


アーカイブ