FX@外為ランキング

ブログ

2017年9月8日 21時41分29秒 (Fri)

外側に向いているエネルギーを内側に戻す

心が忙しく、余裕がなくなったり、
不安や焦りで、イライラしたり、

何かを手に入れようと、
必死になったり、走りだそうとしている時には
心のラジャス(激性)が高まっている時。

そんな時は、
心のエネルギーが外に向かっていますから、
内側に戻すように。

エネルギーが外に向かったままだと、
「足りない」部分や
「不足」部分に目がいって、
私たちの心は、
ますます疲れていきます。

そうなっているなと気づいたら、
内側にエネルギーを戻したいですね。


呼吸法に「クンバカ」とありますが、
「クンバカ」は
吸う息と吐く息の間に、
少しだけ息の流れを止めることで、
内側にエネルギーを溜める、役割があります。

ラジャスが高まっているな、
外にエネルギーが向いてしまっているな、と
思った時には
丁寧に呼吸に意識を向けながら「クンバカ」の時間を。


またヨガのアーサナで
「クンバカーサナ」
というアーサナがあります。

太陽礼拝の中に入っているアーサナで
「プランク」といわれているポーズ。

両手を肩幅に開いて床につき、

両足のつま先を立てて、
膝を上げていきます。

頭のてっぺんから背中、
お腹、お尻、かかとのラインを一直線に保ちながら、
呼吸を静かに行います。

クンバカーサナのアーサナを行うことで、
次第に内側にエネルギーが溜まって、
心が落ち着いてきます。

もちろん
他のアーサナでも
瞑想でもなんでも良いと思います。

 


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930