FX@外為ランキング

ブログ

2017年9月1日 6時05分26秒 (Fri)

いつも「自分」を安定させておくことが、全ての解決につながる

今は多くの雑誌や本に
アーユルヴェーダや瞑想、ヨガについて
取り上げられていたり、

いろいろなところに
スタジオやサロンがたくさんできたり、と

アーユルヴェーダや瞑想やヨガが、
どうして今、
そんなに多くの人に受け入れられているか、
と思う時があります。

なぜ「今」なのか?


私たちはアーユルヴェーダの習慣や
瞑想、ヨガの習慣によって
身体と心のバランスが取れてくると、
身体も心も安定してきます、

身体も心も、
ぶれない自分の真ん中に安定してくると、

自分が「分離」した存在ではなく、
全体の一部であることが
「体感」として理解できます。


そうなってはじめて私たちは、
今度は、自分の周りの人を
いかに幸せにするか、いかに喜ばせるかが、

自分の満足度や幸せにつながるということに
「体感」で理解できるようになるのだと思います。


そして
「相手の幸せ」=「自分の幸せ」
である状態は、

結果にこだわらず、
その「過程」すべてが楽しくなりますから、

結局は、何かしらの良い形となって
結果が出てくることが多いと思います。

これがリラックスした状態で
すべてが良い循環になるはじまりです。


逆に、
不規則な生活や、乱れた食生活、
イライラや不安、怒りなどで、
自分の中のバランスがとれておらず、
安定していないと、

私たちは他人を「分離」した存在と認識して、
そして、
それらをコントロールしようとします。

自分の思う通りに動いて欲しい、
自分の意図を汲んでほしい、
分かってほしい、
私がこうしたら相手はこう思うだろう、などなど。


この「結果」にこだわる
コントロールがはじまると
私たちは生き苦しくなります。


全てのことは、
全体の流れの中で起きていることで、
コントロールなどできないですし、

コントロールしていることが見えた途端に、
相手から反発がやってきます。


そして、
反発されているのに、
それでもそれを力で抑え込んで
またコントロールしようとする、
そして、ますます反発される、、、

これ、お互いが
苦しみのスパイラルに入っていくはじまりになります。


他人をコントロールしたいのは、
自分が「安心」したいから、
自分の心を「安定」させたいから。

自分の思い通りになれば、
なんとなく「安心」して
心が落ち着くような気がするから。

 


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930