FX@外為ランキング

ブログ

2017年8月9日 12時22分03秒 (Wed)

「何になるか」よりも 「今、どうあるか」

昨夜は満月がとてもキレイでしたね。

昨夜
映画「マザー・テレサ」を鑑賞しました。


結構、前の映画ですから、
ご覧になっている方も多いかと思います。


もともと裕福な家庭に育ったマザー・テレサが
さまざまな出会いを通して、

インドのカルカッタにある
「マザーハウス(死を待つ人の家」を建て、
そこで多くの人を見守っていくお話。


マザー・テレサの所持品は
白いサリーのみ、

それでも、マザー・テレサは
とっても幸せな人生だったのだと思います。


もしかしたら、
外から見たマザー・テレサは
大変な環境で
大変な仕事に追われている人、に
映るのかもしれませんんが、

自分がやるべき使命(ダルマ)を与えられ
その使命(ダルマ)に全てを捧げ
感謝をしながら生きているマザー・テレサは

もっとも幸せな人のひとりだったのだと
私は思います。


すべてのものが手に入る大富豪よりも、
今のその瞬間瞬間が
幸せで穏やかで、愛で満ちている人が、
やはり「幸せな人」なんだと思います。


存在するのは
「今」だけですから、

今、この瞬間が
「幸せ」で「穏やか」であれば、
それが全て。


マザー・テレサが遺した言葉に
こんな言葉があります。

「私の白いサリーは貧しい人のなかで、
私も貧しい人の一人だというしるし。

私の身なりも生活も、
病に倒れた人や骨ばかりの子どもとひとつになるための糧。

そして、
不親切で冷淡でありながら奇蹟をおこなうよりは、
むしろ親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたい。」



起きる事実はどうであれ
自分の内側は、
「不親切」や「冷淡さ」ではなく、

いつも
「親切」と「慈しみ」の心でありたい
ということなんだと思います。


「何になるか」よりも
「今、どうあるか」。

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031