FX@外為ランキング

ブログ

2017年8月3日 20時30分19秒 (Thu)

トウモロコシの「ヒゲ」も食べる

今、耕している畑で収穫したトウモロコシ。

なかなかいびつな形ですが(笑)
そのまま生のままいただいても、
フルーツのように甘い、
とっても美味しいトウモロコシができました。

スーパーで売られているような綺麗な形に
育てるには、
やはり手間をきちんとかけてあげないとダメですね(笑)


アーユルヴェーダでは生で食べるトウモロコシは
ヴァータを乱しますし、
消化もあまりよくありませんので、

しっかり火を通したり、
すりつぶして
スープにしていただくことをおススメします。


img_20170803-203041.jpg


そしてこのトウモロコシのヒゲの部分も
栄養価が高く、
食べることができます。

このふさふさの
ヒゲ部分はトウモロコシの「めしべ」。


「絹糸(けんし)」と呼ばれていて、
トウモロコシの粒の数と同じ数あるそうで、
品種によって違いますが、
500〜600本くらい、だそうです。


この「ヒゲ」は
中国では昔から漢方で使われていて、

利尿効果があり
ムクミをとる効能を持つ食材でもあり、

胃腸の働きを高める働きもあるそうですから、
まさに消化力が落ちる今の時期に
ぴったりですね。


最近、日本でもこのトウモロコシの「ヒゲ」を
捨てずに、使う人が増えてきました。

「ヒゲ茶」をつくるのであれば、
ヒゲ部分をよく洗って
2〜3日天日干しにして、
そのあとフライパンで乾煎りして、
少し茶色くなったら出来上がり。

お湯を注いぐと、甘いお茶になります。
 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

アーカイブ