FX@外為ランキング

ブログ

2017年5月22日 5時27分58秒 (Mon)

すべては消化の力を立て直すところから

日本でも中国でも、
インドでも韓国でも
「医食同源」の考え方があります。

正しい食事をすることで、
食事は「薬」にもなります。

逆に間違った食べ方や、
合っていない食事をすることは
消化しきれずに
アーマ(未消化物、毒素)として体内に蓄積
されることにつながります。


アーマが体内に蓄積されていくと、
慢性的な疲れ、
眠気、微熱、身体の痛み、関節の痛み、
胃もたれ、便秘、むくみ、舌苔などの症状が
現れはじめます。

消化力が戻らずアーマが排泄されず、
蓄積され続けると、
関節炎や高コレステロール、喘息、下痢、
腸の炎症、子宮筋腫やガンなどの病気引き起こします。

これらの病気もアーマが関係していると
アーユルヴェーダでは考えます。

それくらい
「消化力」を強めておくことは
私たちが健康で幸せに生きていくためには大切に
なります。


アーユルヴェーダの薬草オイルを使った
アヴィヤンガも、
全身浄化療法であるパンチャカルマも、

体内に蓄積されたアーマを排泄すると同時に、
消化力を立て直すことにあります。

どのような病気でも
まずは必ず消化力を取り戻すことが、
十分に強めることが大切になります。


また身体的な病気だけでなく、
精神的な病気も、
消化が大きく関係しています。

うつや不安症、神経症なども
消化力低下によるアーマの蓄積が大きく関係していると
いわれます。


身体的も精神的にも、不調があるとき、
万全ではないときには、

肉や魚、生ものや脂ものなど
消化に時間のかかるもの
消化にエネルギーを使うものを食べないよう
アーユルヴェーダでは勧めます。

肉や魚、生ものや脂ものなど、
消化に時間のかかるものを食べると
ますます消化の火が弱まり、
アーマとなって体内に蓄積されてしまい
回復が遅れてしまうからです。

 


アーカイブ