FX@外為ランキング

ブログ

2017年4月12日 20時22分46秒 (Wed)

暖かくなってきても「お白湯」の習慣を


春らしく、暖かくなってきましたね!

暖かくなってくると、
冷たいものが欲しくなって、
「お白湯」の習慣をやめてしまう方もいますが、
お白湯の習慣は
是非、1年中取り入れてください。

アーユルヴェーダでは、
「火」で「水」温めて、
「風」を取りこんだお白湯は

3つのエネルギーが調和された
バランスの良い飲み物とされています。


お白湯は
心身の乱れたエネルギーのバランスを整えて、
体内を浄化(掃除)してくれる働きがあります。

またお白湯を飲むことで、
胃腸が温まって、消化力が上がり、
体内に蓄積されているアーマ(未消化物、毒素)が
排出されやすくなりますから、

やはり1年中オススメです。


お白湯を飲む
オススメのタイミングですが
大きくわけて3つのタイミングがあります。


1、朝一番に1杯

朝は身体の排泄力が高い時間帯です。
顔を洗い、歯を磨き、舌のコケを取ったあと、
お白湯を飲むことで、
腸の洗浄力が高まり、
寝ている間に体内に溜まったアーマ(未消化物・毒素)を外に
排出してくれる働きをします。


2、食事前、食事中に1杯

コップ1杯のお白湯を食事前〜食事中にかけて
飲むことで、食べ物を消化する助けになります。

食べ過ぎ防止にもなりますし、
食べ過ぎで身体が重たいな、と感じている時や
胃もたれを感じている時などにもおススメです。


3、ブレイクタイムのコーヒーの代わりに

日中に身体がだるく感じたり、眠気が強いのは、
体内にアーマ(未消化物)が溜まっているサイン。
そんな時には、こまめにお白湯を。

だるさや眠気を感じると、
コーヒーを飲みたくなるものです。
コーヒーを飲むとカフェインの力で一時的に目が覚めますが、
カフェインは中毒性がありますから、
カフェインの量をどんどん増やさないと
効かなくなってきますし、
カフェインが切れた時には
より強い疲労感や倦怠感を感じるようになってきます。