FX@外為ランキング

ブログ

2012年1月24日 5時49分56秒 (Tue)

妊娠と出産と育児と自然

生活が「自然」から遠ざかっている人ほど、
妊娠・出産・育児が大変になる、と言われています。

早産傾向であったり、
陣痛の痛みをより強く感じたり、
子供の意思を尊重する育児そのものが
とても大変なものに感じてしまうようです。

今は、身の回りの生活のことがとても便利になり楽にできます。

そんな楽な生活に慣れてしまうと、
心も体も「自然である妊娠維持や出産」が
体にとって耐え難いのものになってしまうようです。

小さい頃から畑で遊んだり、外を走り回ったり、
下の子を背負って子守をしたり、と
自然と接した生活していれば、
子どもの頃から子宮を支える靭帯も筋肉も鍛えられたそうです。

また、昔のように普段の生活において、
何をするにも労力を使い、
何をするにも時間がかかることが当たり前の頃は、
お産や子育てが他の事と比べてとびぬけて大変という
意識はあまり無かったようです。

つまり妊娠・陣痛・育児に耐えられる体力も精神力も
自然に備わっていたのだと思います。

ですから今の時代
これから妊娠出産に向かう女性は、
それらを乗り切れる体力や精神力を
意識的に養う必要があります。

そのためには
自然が残せる部分は生活の中に残しておいた方が
良いように思います。

身近なところでいえば、
添加物やインスタント食品は食べないとか、
エスカレーターを使わず階段を昇る、
歩ける距離は歩く、など。

「できるだけ楽した生活をしたい」という意識では、
自然からどんどん遠ざかります。

小さい頃から歩くことや走り回って遊ぶことを多くして
体を鍛えること、
添加物をなるべくとらないようにすることなど。

自然をなるべく生活のそばにおくように日々心がけることが、
結果的に楽で安全な出産や育児に
つながるのではないでしょうか。


ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031