FX@外為ランキング

ブログ

2017年10月10日 16時52分27秒 (Tue)

プラーナ(呼吸)の無駄遣いをしない

私たちは
どの命にも「寿命」があって、
それは生まれた瞬間から決まっています。

生まれたその瞬間に
プラーナ( サンスクリットで「呼吸、息吹」を意味する)
の一生分の総量も決定されていて、

人はその自分の決められたプラーナが
なくなるまで生きることができると
教えています。


プラーナがたくさんあるときには、
私たちは生き生きとしていますが、

量が少なくなってくると、
機能は低下し始めて、

最終的に呼吸が止まって、寿命が終わります。


ですから、プラーナを無駄に消耗することは
寿命を縮めることにつながります。

プラーナは、

1、過度の怒り、不安、イライラ
2、神経の使いすぎ、
3、過度の運動

などで、どんどん消耗していきます。

過度の怒りや不安やイライラは呼吸を乱して、
プラーナを消耗しますし、

神経の使いすぎも
プラーナを大量に消費します。

つまりは、
上司や部下、家族や友達などに
周りに気を使いすぎることは、

結果的に、
自分の寿命を縮めてしまうことにつながります。


過度の運動もそうですね、
息が上がることで、
プラーナを多く消費します。

スポーツ選手などが寿命が短かったり、
激しい運動を
何十年も続けていると寿命が短くなる、
といわれるのも納得です。


どこまで本当かは分かりませんが、

日本では、
一番長生きな職業は「お坊さん」だとも
聞いたことがありますが、

まさに
上記の3つ、
いずれも当てはまらない生活をしていますね。


瞑想や修行によって
過度の怒りや不安からは遠ざかっていますし、

いつも自分を見つめ、
過度に周りに神経や気を使いすぎることも
ないのかもしれません。

もちろん過度の運動はせず、
呼吸法で身体も心も鍛え整えていますから、

まさにプラーナの省エネですね、
長生きするわけです。


怒ってばかり、

気をつかってばかり、

ストレス発散とばかりに
過度な運動を続けていては、
大切なプラーナを失うばかりです。


失ったプラーナは
補うことも増やすこともできませんから、

与えられたプラーナを
大切に使っていくことが大事ですね。

 

ヨガや瞑想はその役に立ってくれます。

怒りや不安を鎮め、
外側ではなく自分の内側に意識を向け、
その時の自分の身体や心に必要な動きをしていきますので、

プラーナ消耗は最小限に
身体と心を調整していきます。


昨日も紹介しましたが、
今週末10月14日(土)10時〜12時

和気の
「自然保護センター」で
ヨガ&瞑想イベントを行います。

参加は無料、
どなたでも参加できます。

お子さま連れの方は、
お子さまはその時間、
自然観察会に連れて行ってもらえますから、
2時間ゆっくりと
自然の中でのヨガと瞑想をお楽しみいただけます。


席がまだあるようです、
ご都合の合う方は、ご一緒に過ごしませんか?

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

img_20171009-160411.jpg
(自然保護センターの水のほとりで行います)


今日も気持ちの良い1日でしたね、
明日もどうぞ素敵な1日をお過ごしくださいませ。
--------------------------------


●【2017年12月のご予約がいっぱいになりました】
いつもありがとうございます。
ご予約枠が少なくご迷惑をおかけしております。

⇒ご予約状況カレンダー


●ご変更やキャンセル等で御予約枠に空きがでましたら、
メールマガジンにて随時、ご案内させていただきます。
空き状況のご連絡をご希望の方は
メールマガジンにご登録くださいませ。

⇒メールマガジン登録はこちら


-------------------------------

●大人気!「腰巻き小豆カイロ」入荷しました。
秋〜冬の必須アイテム「小豆カイロ」
身体が冷えはじめるこれからの時期、
腰周り、お腹周り、足先、冷やさないよう気を付けていきたいですね。
肩こり、腰痛、生理痛、冷え性の緩和に
とてもオススメです。

--------------------------------------

【MyCocoon Books本の循環してみませんか】

もう読まなくなった本や、
自分には必要のなくなった本を手放して、
知識や知恵の循環ができたらいいな、
という思いから、
サロンに「MyCocoon Books」をご用意しました。

​お越しいただいた際に、
「My Cocoon Books」をのぞいていただいて、
読みたいものがあれば、お持ち帰りください。

読み終わりましたら、
身近でその本を必要としている方に渡してあげてください。

また、ご自身の本でも、
そろそろ自分のところを巣立たせて、
必要な人のところに届けようかな、
と思う本があれば、是非、ご持参ください。
 

この記事にコメントを書く










ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ