FX@外為ランキング

ブログ

2017年10月4日 8時54分50秒 (Wed)

「食事」「睡眠」「瞑想」で健康維持を

忙しさで忘れがちですが、
私たちにとって何よりも大切なのは
「健康」。

日々、ちょっとした我慢や無理を重ねて、
自分の身体や心を酷使しがちですが、
一番大切なのは
やっぱり「健康」です。


身体と心が「健康」であるからこそ、
私たちはダルマ(使命)を遂行して
生きていることを楽しむことができますし、

それによって
自分や周りを幸せにしていくことができます。


また、
身体と心が「健康」であるからこそ、
落ち着いて
本来の自分の内側を見つめることができ、

自分自身の囚われに気付き、解放して
「モークシャ(自由)」の境地に
向かうことができます。


ですから、
健康であること、
健康を保つことは、

私たちが
本来、生まれてきた目的である
ダルマ(使命)を遂行して、

モークシャ(自由)へと到達する道を
歩むために
もっとも大切で必要なことになります。


それにも関わらず、
ついその目的を忘れて

身体や心や五感を酷使して、
自ら「健康」を害するようなことをしてしまっているのが

今の私たちの
多くの人の生活だと思います。


そして
健康を維持していく上では、

正しい「食事」、
正しい「睡眠(休息)」
正しく「内なる自分とつながる時間」

これら3つを適切にとっていくことが
やはり大切だと思います。


時には
正しい食事や、
十分な休息が
とれないこともありますが、
それも1週間単位で見て、
その中でバランスがとれるようにすればよいと思います。


「内なる自分とつながる時間」は、
忙しい日々や
何かに追われている日々の中で
忘れがちになりますが、

これも1日の中で10分程度でも良いので、
時間をつくるところからはじめてみるのは
いかがでしょう。


この時間をつくることで、
本来の自分のめざすべき方向や
ありたい自分の姿を確かめることができて、

生きることに迷いがなくなります。


日々、
生きることに迷いがなくなれば、

心が落ち着いて、
呼吸も深くなって、
身体の力みも取れ、
免疫力も自然治癒力もあがっていきます。


ですから
「食事」や「睡眠」と同じくらい
「内なる自分とつながる時間」は
日々の生活の中で欠かすことのできないことだと
私は思います。

 

「内なる自分とつながる時間」は
どのような方法でも良いと思いますが、
アーユルヴェーダでは瞑想をすすめています。

ヨガや呼吸法でも良いと思います。

静かに座って、
目を閉じて呼吸に意識を向けて
呼吸を調えていきます。


ゆっくりと頭の中でカウントをしながら、
鼻から息を吸って、
鼻から息を吐いていく。

これを繰り返していきます。

途中意識が周りの音にそれたり、
頭の中の雑念に引っ張られそうになりますが、

そうなったら、
また「呼吸」に意識を向ける、
これを繰り返していきます。

もちろん
瞑想の方法にはいろいろありますから、
ご自身のお好みの方法でされてください。

そうして
朝、夕10分〜15分程度
「内なる自分とつながる時間」をつくることで、
その日1日、迷いが少なく、
また知性の過ちをすることなく、
過ごしやすくなります。

「食事」「睡眠」
そして
「内なる自分とつながる時間(瞑想)」、
これら3つを大切にして、

なによりも大切な自分の「健康」を
最優先に、
しっかりと守っていきたですね。


今日は中秋の名月ですね、
綺麗な月が楽しめそうですね、

明日もどうぞ素敵な1日をおすごしくださいませ。

--------------------------------

●【2017年12月のご予約状況カレンダーをUPしました】
ありがとうございます。
ご予約枠が少なくご迷惑をおかけしております。

⇒ご予約状況カレンダー


●ご変更やキャンセル等で御予約枠に空きがでましたら、
メールマガジンにて随時、ご案内させていただきます。
空き状況のご連絡をご希望の方は
メールマガジンにご登録くださいませ。

⇒メールマガジン登録はこちら


-------------------------------

●大人気!「腰巻き小豆カイロ」入荷しました。
秋〜冬の必須アイテム「小豆カイロ」
身体が冷えはじめるこれからの時期、
腰周り、お腹周り、足先、冷やさないよう気を付けていきたいですね。
肩こり、腰痛、生理痛、冷え性の緩和に
とてもオススメです。

--------------------------------------

【MyCocoon Books本の循環してみませんか】

もう読まなくなった本や、
自分には必要のなくなった本を手放して、
知識や知恵の循環ができたらいいな、
という思いから、
サロンに「MyCocoon Books」をご用意しました。

​お越しいただいた際に、
「My Cocoon Books」をのぞいていただいて、
読みたいものがあれば、お持ち帰りください。

読み終わりましたら、
身近でその本を必要としている方に渡してあげてください。

また、ご自身の本でも、
そろそろ自分のところを巣立たせて、
必要な人のところに届けようかな、
と思う本があれば、是非、ご持参ください。
 

 

この記事にコメントを書く










ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ