FX@外為ランキング

ブログ

2017年10月3日 6時38分09秒 (Tue)

長年、追い求めてきた旅が終わる時

自分の外側で起きる出来事、

家族の問題、
子どもの問題、
職場での問題、
お金の問題、
人間関係や仕事の問題などなど、

そこで起きる様々な出来事に
私たちは一喜一憂して過ごしているものですが、

その世界には安らぎや、くつろぎはありません。

願いが叶って一瞬は満足しても、
また次の足りない部分に目がいって、

「もっともっと」と
足りないものを、次、何で埋めようかと
考えはじめます。


これがいつもの
私たちであって、
「この世のカラクリ」のひとつでもあると
私は思います。


そうはいっても、
私も、
そのカラクリの中にどっぷりと浸かって

日々、あれが足りない、これが足りない、
あれさえ手に入れば幸せになるんじゃないか、
これさえ叶えば幸せになるんじゃないか、と
日々、外を探しまわっています(笑)


そうやって
自分の願いや希望がすべて叶えば、

幸せで満たされていて、
安心で心穏やかな毎日が待っていると思い込んでいるからこそ、

私たちは
そこに向かっていますが、
実際にはそうではありません。


世界のお金持ちが幸せか、といえば、
今度は、
いつ、誰に奪われるか、と
疑心暗鬼になっていたりします、


地位のある人が幸せかといえば、
次、いつ、
ひきずり降ろされるかもわからない、という
恐怖でいっぱいだったりします、


一見、
人間関係をうまくやっていそうな人も
実際は八方美人なだけで、
結構疲れていたりします、


ですから、
そうやって
外側の世界に「満足」を追い求めていても、
「安らぎ」や「くつろぎ」を
得ることは難しいものです。


気づくべきは、
「安らぎ」も「くつろぎ」も

外側の世界に求めるのではなく、
すでに自分の内側にあるということ。


ただ、生まれてから
何年、何十年もの間、

教育によって、私たちは、
外側の世界によって満足が得られると教え込まれて
いますし、
広告やニュースで、「これさえあれば幸せ」と
日々、思わされているので、

なかなかその世界から離れることは難しいものなんだと
思います。


 

それでも、
今、ここで「やすらぎ」や「穏やかさ」を
得たいのであれば、

それらは自分の外側ではなく、
内側にあるんだ、ということに気づいて、
そこを見つめる時間を1日の中に増やしていくこと。


それによって、
長年、教え込まれてきた、
「自分の外側にあるものが自分を幸せにしてくれる」という
思い込みから、
少しづつ離れていくことができるのだと思います。


何も難しく考えず、
日々少しづつ、
アーユルヴェーダの智恵やヨガ、瞑想に
触れる時間を、
楽しみながらもってみてはいかがでしょうか。

自分の身体の感覚や、心の状態に
意識を向ける時間を増やしていくことが
大切なんだと思います。


すべては自分の内側深くにある、
そこに「気づく」ことで、

私たちの
長年、苦しみながら追い求めてきた旅が終わります。


「えっ、そんなこと?」
なんだと思います、

すべてはシンプル、ですね。

今日も気持ちの良い1日でしたね
明日もどうぞ素敵な1日をお過ごしください。

--------------------------------

●【2017年12月のご予約状況カレンダーをUPしました】
ありがとうございます。
ご予約枠が少なくご迷惑をおかけしております。

⇒ご予約状況カレンダー


●ご変更やキャンセル等で御予約枠に空きがでましたら、
メールマガジンにて随時、ご案内させていただきます。
空き状況のご連絡をご希望の方は
メールマガジンにご登録くださいませ。

⇒メールマガジン登録はこちら


-------------------------------

●大人気!「腰巻き小豆カイロ」入荷しました。
秋〜冬の必須アイテム「小豆カイロ」
身体が冷えはじめるこれからの時期、
腰周り、お腹周り、足先、冷やさないよう気を付けていきたいですね。
肩こり、腰痛、生理痛、冷え性の緩和に
とてもオススメです。

--------------------------------------

【MyCocoon Books本の循環してみませんか】

もう読まなくなった本や、
自分には必要のなくなった本を手放して、
知識や知恵の循環ができたらいいな、
という思いから、
サロンに「MyCocoon Books」をご用意しました。

​お越しいただいた際に、
「My Cocoon Books」をのぞいていただいて、
読みたいものがあれば、お持ち帰りください。

読み終わりましたら、
身近でその本を必要としている方に渡してあげてください。

また、ご自身の本でも、
そろそろ自分のところを巣立たせて、
必要な人のところに届けようかな、
と思う本があれば、是非、ご持参ください。
 

この記事にコメントを書く










ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ