FX@外為ランキング

ブログ

2017年8月4日 22時59分28秒 (Fri)

頑張っても忙しくても、満たされないから、「リラックスの時間」を

頑張りすぎたり、
忙しい日々に飲み込まれてしまうと、
真実、を忘れてしまったり、

ついつい目の前で起きる出来事に対して、
良い悪いの判断をし、
心が落ち着かなくなってしまうものです。


私たちは本来、毎日を
今、ここに「安心して」くつろぎの中で
過ごせば良いのですが、

実際には
心の中はいつも満たされない感覚がして、
このままでは不十分で、
もっと満たされたくて、

そのためには
「私」にはやることがまだまだたくさんある、と
思い込んでいるために
日々が、
どんどん忙しくなっているのが今の現実だと思います。


でもどれだけ、
頑張っても、忙しくしても、
まったく満たされていかないことに
気づかないくらい忙しくしています(笑)

そうなると、
もういったいなんのために頑張って、
忙しくしているのか(笑)
     ・

私も気づけば、
身体も心も忙しくして、
「もっとなにかあるはずだ」と
常に忙しく何かを求めてしまっています。


では、なぜ、私たちが
このような
「もっと欲しい、もっともっと」
などという衝動が消えないのか。


それは
「自分という個人」が
全体と分離して存在していると感じているからです。

自分と全体は別ものと考えているから。


全体と自分とが離れているこの分離感は
当然、なにかが欠けている感覚になりますから、
常に、いつも何かを求めることになります。


そうなると永遠と何かを求めることになりますから、
手に入れても手に入れても、
結局はまた次のものが欲しくなります。


本当は、
分離などなく、

ただ同じひとつのエネルギーが、
いろいろなフィルターを通して表に表現されているだけで、
何一つ分離して存在はしていません。


静かに座る時間を持つことで、
そうして分離感も欠乏感も
単なる幻想だったことに気づいたとき、
分離感をもたらしていた
この「自分」が消えています。


その時に向こうから
「やすらぎ」と「くつろぎ」がやってきます。

 

すでに
分離ではなく、
全体感で生きている人は、

最初から
自分の中に全て「ある」ということに気づいています。

それは難しいことではなく、
「あっ、自分の中にあった!」と気づくだけ、ですね。


そのためには、
頑張りすぎて力んでいたり、
忙しくては気づけません、
リラックスして自分の中にスペースを作ることですね。

緊張や忙しい日々の中で、
真実はなかなか見えてこないのだと思います、


私もついついそれを忘れてしまいがちですが、
やはりリラックス、が大切ですね。


今日も暑い1日でしたね、
気候が変わりやすく安定しませんね、
身体も心も忙しくなりやすい時期です、
意識して、休息や静かな時間をつくってくださいね!

明日も素敵な1日をおすごしください。


-------------------------------

●【2017年10月のご予約状況カレンダーをUPいたしました】

いつもいつもありがとうございます。
ご予約枠が少なくご迷惑をおかけしております。
⇒ご予約状況カレンダー


●ご変更やキャンセル等で御予約枠に空きがでましたら、
メールマガジンにて随時、ご案内させていただきます。
空き状況のご連絡をご希望の方は
メールマガジンにご登録くださいませ。

⇒メールマガジン登録はこちら


--------------------------------

●8月18日(金)〜19日(土)
(定員いっぱいになりました、
キャンセル待ちを承っております)
「霊峰大山リトリート 2017」

「自然」の中で過ごす、
「身体」緩める、
「心」静かに座る、
身体と心と五感が「調う」2日間。

昨年の大山リトリートの様子
⇒【大山リトリート2016 1日目】
⇒【大山リトリート2016 2日目】


---------------------------------

●大人気!「腰巻き小豆カイロ」入荷しました。
冬の必須アイテム「小豆カイロ」ですが、
冷房や冷たい飲み物などで、意外と身体が冷えてしまう今の時期。
腰周り、お腹周り、足先、冷やさないよう気を付けてくださいね。
肩こり、腰痛、生理痛、冷え性の緩和にオススメです。

--------------------------------------

【MyCocoon Books本の循環してみませんか】

もう読まなくなった本や、
自分には必要のなくなった本を手放して、
知識や知恵の循環ができたらいいな、
という思いから、
サロンに「MyCocoon Books」をご用意しました。

​お越しいただいた際に、
「My Cocoon Books」をのぞいていただいて、
読みたいものがあれば、お持ち帰りください。

読み終わりましたら、
身近でその本を必要としている方に渡してあげてください。

また、ご自身の本でも、
そろそろ自分のところを巣立たせて、
必要な人のところに届けようかな、
と思う本があれば、是非、ご持参くださいませ。



 

この記事にコメントを書く










ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ