FX@外為ランキング

ブログ

2017年5月31日 8時50分04秒 (Wed)

教えは私たちを自由にするためにある

インドの聖典のひとつ
ヴァガヴバットギーター。

ヴァガバット=神 
ギーター=詩。

「神の詩」という意味です。
     ′

どの聖典もそうですが、
聖典の教えは私たちを自由にしてくれます。

そして、
私たちの心を自由に解きはなつために、
あらゆる聖典は、
人間や世界の真理を教えてくれます。


ヴァガバットギーターは、
クリシュナ神と主人公アルジュナが物語の中で
人の生きる目的や真実を明かし、

ヨガやアーユルヴェーダの真のゴールである
モークシャ=悟り、自由へ
私たちを導いてくれます。


ただ、アーマ(毒素)の溜まっている身体に
いくら栄養あるものを入れても浸透しないように、

不安や心配、疑いや混乱の心に
素晴らしい教えを入れても、
まったく入っていきません。


まずはアーユルヴェーダやヨガや瞑想を生活に
取り入れて、
身体に溜まっている
アーマ(毒素・未消化物)を取りのぞくと同時に、

心にある不安や疑い、混乱、無知を
取り除いていくことが大切になります。


ヴァガバットギーターも1日1回、
気になる章を読むことで、

心のアーマを取り除く手助けの
ひとつになってくれます。

 

また、
ヴァガバットギーターだけでなく、

世界には
素晴らしい聖典や、教えがたくさんありますから、

自分に合ったものを探して、
少しづつ生活の中に取り入れていくと
自分の生き方や、行動に、迷いやブレがなく、
まっすぐにゴールに向かうことができるように思います。


昔の人の智恵、
聖典の教えは私たちを自由にしてくれます。

「難しそう」と思ってしまいがちですが、
読む進めることで、
自分の中に軸ができてくるように思います。

簡単なもの、読みやすいものから
手にとってみるのはいかがでしょうか?

明日から6月、
6月も楽しい、心地の良い
1ヶ月にしていきたいですね!


-----------------------------

●大人気!「腰巻き小豆カイロ」入荷しました。
冬の必須アイテム「小豆カイロ」ですが、
冷房や冷たい飲み物などで、意外と身体が冷えてしまう今の時期。
腰周り、お腹周り、足先、冷やさないよう気を付けてくださいね。
肩こり、腰痛、生理痛、冷え性の緩和に、どうぞ。

--------------------------------

【次回、土曜早朝リトリート】

●6月3日(土)7時〜8時30分(満席になりました)
塗香、写経、瞑想のためのヨガ、瞑想。
自分自身の身体と心の声に耳を傾けるための
心穏やかで静かな時間を過ごします。

●場所:幸町図書館近く
(ご希望の方は詳しい場所をご案内しますので、ご連絡ください)
●参加費:500円
●持ち物:ヨガマット
●人数:7名程度

---------------------------------

【2017年7月のご予約枠はいっぱいになりました】
いつも本当にありがとうございます。
8月のご予約も承っております。
⇒ご予約状況カレンダー


●ご変更やキャンセル等で御予約枠に空きがでましたら、
メールマガジンにて随時、ご案内させていただきます。
空き状況のご連絡をご希望の方は
メールマガジンにご登録くださいませ。

⇒メールマガジン登録はこちら

--------------------------------------

【お知らせ】

薬草オイル等の原材料、薬草の郵送コストが年々高騰しており、
2017年5月から、価格を一部変更させていただくことになりました。

詳しくはメニューページをご覧くださいませ。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません、
何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

--------------------------------------

【オリジナルお線香づくり×ヨガ&瞑想会 in 後楽園】

●2017年6月14日(木)10時〜13時
(満席になりました、キャンセル待ちを承っております)
前回大好評だったこちらのワークショップ。
全国で大活躍のお香文化研究家の浜村先生をお呼びして、
今回はオリジナルのお線香をつくります。

お線香づくりの後は、つくりたてのお線香を聴きながら
ヨガ、そして瞑想を行います。
また、今回はご希望の方は最後に写経も行います。


⇒6/14「オリジナルお線香づくり×ヨガ&瞑想会」in 後楽園

--------------------------------------

【MyCocoon Books本の循環してみませんか】

自分の読まなくなった本や、
自分には必要のなくなった本を手放して、
良い知識や知恵の循環ができるな、という思いから、
サロンに「MyCocoon Books」をご用意しました。

​お越しいただいた際に、
「My Cocoon Books」をのぞいていただいて、
読みたいものがあれば、お持ち帰りください。

また、ご自身の本でも、
そろそろ自分のところを巣立たせて、
必要な人のところに届けようかな、
と思う本があれば、是非、ご持参ください。
本を通して、知識と知恵の循環、
そして交流ができたら嬉しく思います

 

この記事にコメントを書く










ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ