FX@外為ランキング

自然あそび

2017年5月15日 20時01分34秒 (Mon)

毎日をていねいに暮らしていく

先日の「薬草摘み」で見かけた
桑の葉と桑の実。

良く見ると粒々とした塊がありますが、
それが桑の実です。

桑の実は今は緑色していますが、
熟して赤くなっていきます。


桑はカイコのエサになりますから、
シルクでも有名なインドでも
昔から育てられていたもの。

アーユルヴェーダでも使われています。

そして、日本でも、
桑は桑の、葉茶として、桑の実ジャムなどにして、
昔からいただいています。

img_20170515-072848.jpg



桑の葉には、

ビタミンCをはじめ、
豊富なビタミン類や、
亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどを
多く含んでいます。

中でも、
カルシウムの含有量が特に多く、
小松菜の1.5倍、
牛乳の30倍もの量が含まれているといわれています。
 

また、糖質分解酵素の働きを妨げる効果があるため、
血糖値の上昇が抑えてくれます。

桑の葉茶が
糖尿病予防に良いと言われる理由がわかりますね。

さらに、
そうして吸収されなかった糖質は、

大腸にいる細菌によって分解されて
有機酸が作られることで、
便通の改善にもつながるといわれていますから、
桑の葉、お茶やお料理に取り入れていきましょう!(笑)

 

 


2017年5月14日 19時59分36秒 (Sun)

「野草摘み」と立ち止まる時間

先日に続き、

今日は野草摘みに
鳥取県の日南町まで行ってきました。

カキドオシ、オドリコソウ、
たらの芽、コシアブラ、
よもぎ、スギナ・・・

春のたくさんの野草たちに出会って、
大切に摘ませていただきました。

img_20170514-200118.jpg
(カキドオシ)


今日はお天気も良く、
田んぼの風景もとっても美しく、

水の張った田んぼに
山や雲が映りこむ景色は、
どれだけ見ても飽きませんでした。
 

自然と距離の近い生活の素晴らしさや
自然の中に入ると、
身体や心がスーっと落ち着いて、
内側から満たされて行くのがわかります。



img_20170514-200355.jpg



こうして私たちは
すでに十分に「豊か」な生活をしています。


にもかかわらず、
私たちは今ある目の前の「豊かさ」に目を向けず、

「自己実現」や
「満たされた理想的な人生」
というものを目指しがちです。


でも、この言葉のせいで、
多くの人が
「私はできていない」
「なぜ私だけこんなに満たされないんだ」と
思ってしまっているように思います。


でも、そんな言葉を追いかけていては、
いつまで経っても実現しない、
いつまでも満たされない終わりのないゲームに
入り込んでしまうようなものです。


大切なのは、
誰かと比較することなく、
なにか条件を出すことなく、

本来の自分のまま、
今のままでOK、としてあげること。


ことさらに
「今の私のままで素晴らしいわ!」だなんて
言う必要もなく、

「良い」も「悪い」もなく、
ただ、淡々と自分にokを出してあげる。

そうすることで、
本当の豊かさを私たちは手に入れられるように私は思います。

 

2017年5月7日 16時54分43秒 (Sun)

奥が深い「日本の薬草」


今日は、
美咲町大垪和(おおはが) の棚田で
野草摘みをさせていただきました。

棚田百選にも選ばれ
美咲町大垪和(おおはが) の棚田の景色は
あまりにも美しく、

その絶景に見とれてしまい
野草を探す手も止まってばかりいました。


img_20170507-165527.jpg

普段は、
アーユルヴェーダで使用する薬草等は
見たり、触れたり、勉強したりしていますが、

こんなにも身近にある日本の薬草については
何も知らないんだな、
ということを再認識。

日本の薬草も勉強したくなりました。

自分の身近に、足元に、
素晴らしい薬草がいっぱいあるんですね。



img_20170507-165809.jpg

こちら、よく畑や河原で見かけるスギナ。
(ツクシンボの親)は、

実はとっても豊富なミネラルを含んでいて、
カルシウムはほうれん草の155倍、
マグネシウムは3倍だとか。

乾燥させてスギナ茶などにすると良いようですが、
今日、摘んだ
クレソンとオオバコとセリと、スギナと一緒に
オリーブオイルでさっと炒めて、
塩、コショウでいただきました。

とっても美味しくてびっくりしました。


img_20170507-165840.jpg

こちらはクレソン。
きれいな水の流れるところで育つそうです。

 

2017年5月6日 19時51分28秒 (Sat)

「生きてるなぁ」と実感するとき


今日は 大多府島(おおたぶじま)に
行ってきました。

大多府島は備前市にある日生諸島のひとつ。
とてものどかなところでした。

島では釣りをして、フグを釣りました。

フグを釣りあげたのは初めてですが、
釣った瞬間に、
お腹がプク〜ッと膨らんで、
その姿がなんともかわいくて、
笑ってしまいました。

歯がとっても鋭いんですね、
もちろん、海に戻しましたよ(笑)


img_20170506-195232.jpg

 

2017年5月4日 6時01分25秒 (Thu)

「藍」の魅力 in 徳島

今日は「藍染め」をしに
瀬戸大橋を渡り、徳島に行ってきました。

徳島は「藍」の生産が日本一の県。

私は藍の苗を見ることも、
藍の畑を見ることも、
藍の葉っぱを見ることも、
藍染めをすることも初めてだったのですが、

藍染めの魅力にはまった1日でした。


「藍染め」は
藍の美しさだけでなく、
藍に手を触れて染めをしている最中から、

不思議と頭痛が取れたり、
視界がクリアになったりと、
藍の効果を身体で感じることもできました。

またヘナをしているような頭部のスッキリ感と同時に
神経が落ち着いて、
心が穏やかになっていく感覚がも
心に広がりました。


これも、藍の持つ力のひとつで、
藍染めの魅力のひとつなんだと思いますね。


藍は昔から重宝されている染めのひとつです。

藍で染めた肌着は、
冷え性や肌荒れ、汗もなどに
効果があると言われています。

また防虫効果も高く、
藍で染まった場所だけ虫食いが無かったり、
大切な着物は藍の風呂敷で包んで
しまったりもしていたようですから、
昔の人は「藍」の持つ自然の力をよく知っていたんですね。


img_20170504-220002.jpg 
(藍畑)

img_20170504-220315.jpg
(藍の染料液につけては絞りを繰り返して色をいれていきます)

img_20170504-220449.jpg
(染めた布地は、何度も洗います)
 
 


ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031