FX@外為ランキング

リトリートの時間

2017年4月22日 20時58分51秒 (Sat)

「ヨガ」の時間 in 自然保護センター

今日は、
和気にある自然保護センターにて
「ヨガ体験」でした。


心地の良い青空の広がる下でのヨガ、
静かに座る瞑想の時間は
心地の良い、
春を感じる幸せなひと時間でした。

鳥の声、
風が肌に当たる心地良い感覚、
新緑の緑の香りや、
空や目の前に広がる自然の美しさ、
「五感」全てが開いていくそんな時間でした。

ご一緒してくださいました皆さま、
ありがとうございました。


ゆっくりと五感が開き、
身体も心も
周りの自然と調和していく感覚を
体感できた時間でした。


私たちは日々の
小さなことからでも
こうして調和を心がけることができます。


サトヴァ(純粋性)の高い身体に合ったものを食べ、
身体にあった運動を行い、
しっかりと休息をとって、
リラックスを心がけて、
自分の身体を丁寧に扱うこと。


そして、自分を大切にするのと同じように
他人もいたわり、
自然や生物も大切にしていくこと。


自然環境に配慮したものを使ったり、
限りある資源を大切にしたり、

必要な以上のものを持ったり、
溜めこんだりしない、

自分の扱えるものだけを持って、
足るを知って、
「今」の幸せに感謝していくことで
心の混乱はずいぶんと静まるように思います。


img_20170422-191840.jpg

 

2017年3月4日 5時23分16秒 (Sat)

生まれてから死ぬ瞬間まで、 ずっと一緒にいてくれるのは「自分」だけ

今朝は
1カ月ぶりの朝リトリートでした。

​今朝は6時半前には家を出ましたが、
朝家を出るときにはすっかりと明るくなっていて、
​春が近づいているなと感じました。


毎回、朝リトリートの時間は、
私にとってご参加くださる皆様にへの
感謝の気持ちと同時に

自分自身に対しても、
​自分の身体と心に感謝をする
大切な時間になっています。


静かに塗香を聴き、
呼吸に意識を向けて
写経をし、
朝日に向かってヨガをして
最後は静かに座って瞑想。


そんな朝リトリートは
自分自身を見つめると同時に、
自分自身に感謝をする時間だと私は思っています。


私たちは
自分の身体や心の声に
普段どれだけ耳を
傾けてあげているでしょうか?


自分の身体や心をどれだけ大切にして、
どれだけ心地良く、リラックスさせて
安心させてあげているでしょうか?


表向き、外向きの自分ではなく、
本来の自分、本当の自分は
いつもどんな顔で、
どんな表情で
本当はどんなことを思っているのでしょうか?

内側の自分は、
リラックスできていますか?
安心していますか?
疲れた、無理しているなと思ってはいませんか?


朝リトリートの静かに過ごす時間は、
そんな自分の内側にいる「自分」との
大切な会話の時間であり、

自分の内側にいる「自分」の
言いたいことを
「うんうん、そうだよね」と聞いてあげる時間。

 

2017年1月7日 22時35分46秒 (Sat)

「集まる」理由

今日も寒い1日でしたね!

本格的に風邪やインフルエンザが流行り始めていますが、
皆さま、いかがでしょうか?

今朝もとっても寒い中、
朝リトリートにお越しくださいました皆さま、
ありがとうございました。

京都からお越しくださいました母娘さまは、
倉敷観光に行かれる前にお越しくださいました。

朝早くから、本当にありがとうございます。

今朝も塗香を聴き、
写経をして、ヨガ、瞑想でした。

太陽に向かっての太陽礼拝や瞑想は
太陽のエネルギーを全身で感じて、
暖かく、心地が良く、
身体も心も、温かく、力強いエネルギーで
満たされていくのを感じます。


そして毎回、
そのような場をみなさんとご一緒に
過ごせることがとても嬉しいな、と思います。

写経も、ヨガも、瞑想も、
やろうと思えば、ひとりで、家でできるものです。

わざわざ、まだ外も薄暗く、寒い早朝に家を出て
みんなで行う必要もないのかもしれません。


それでも、その日、その場に
集まったみなさんと
やはり一緒に1時間半を過ごしたいな、と思うのは、

「一緒に、同じ時間を過ごす中で、
心地良さや喜び、
静かに満たされていく感覚を味わえること」に、

私が大きな喜びを感じているからなんだと思います、


喜びも、嬉しさも、幸せも、
自分ひとりで感じるのではなく、

自分の周りにいる人と一緒に感じること、
その時、その場に集まった人と共有して感じていく。

 

2017年1月2日 13時52分47秒 (Mon)

「リトリート」は静かに座り、自分と対話する時間

今朝は今年初の朝リトリートでした。

朝8時から、
塗香を聴き、写経をして、
その後、ヨガ、呼吸法、瞑想でした。

皆さまと心地の良い時間を過ごせましたこと
とても嬉しく思うと同時に、

今朝は2Fの部屋が寒く、
瞑想に集中できなかった方も
いらっしゃったのではないかな、、、と
思っております。

「瞑想中寒かった!」と感じた方、
申し訳ございませんでした。

どうぞ暖かくして、
風邪などひかれませんようお過ごしくださいませ。


みなさんと共に、
朝のもっとも神聖な時間に
心地良さ、穏やかさ、すがすがしい時間を過ごしたいと思い、
朝リトリートを初めてから5か月目に入りました。

その間、
私たちにとって、皆さんにとって

どのように行うことが
心地良く、力みなく無理がなく、
穏やかで、安心して、
自分の身体や心、呼吸に向き合えるのかと

時間配分やスタート時間などなどいろいろ思考錯誤を
してまいりました。

その中で、
やはりスタートの時間は7時が良いということになりました。

朝は少し早いですが、
朝7時の空気、8時の空気、9時の空気はまったく別ものです。

アーユルヴェーダでも、
日の出の96分前〜日の出の時間までは
特別に神聖な時間だとしていますが、

やはり薄暗い朝から、地上に陽が昇って、
世界が明るく照らされて、
世界にエネルギーが満たされていく、

その時間は、すべてが浄化され、エネルギーが強く
そして神聖で、心地良い時間だと感じます。


また、
なんのための朝リトリートか、と考えれば、
写経やヨガ、瞑想など、
ただ単に「型」をする、ことではありません。


大切なことは、
静かに座る時間を過ごすして、
自分自身の身体や心の声を聴く時間を持つこと。

ヨガや瞑想などの誘導はしますが、
大切なのは、周りの声ではなく、
静かに座り、自分自身の声に耳を傾ける時間を持つこと。

そうして見えてくる
自分の中にある「こたえ」を
ひとつひとつ丁寧に見つけていくこと。

そのための「リトリート」の時間。

 

2016年12月24日 14時40分43秒 (Sat)

今年最後の、早朝リトリート&瞑想がもたらすもの

今日も朝リトリートから1日がスタートでした。

今年最後の早朝リトリート。

朝7時という早い時間から、
10名の方がご参加くださいました。

ありがとうございました。

いつもどおり、
静かに塗香を聴き、姿勢を正し、
呼吸を整えてから、各自のペースで写経。

その後はみんなで太陽の登る方向を向きながらの
ヨガ。

太陽が昇っていく姿を見ながら、
太陽の光をしっかりと浴びながら、
太陽礼拝を行いましした。

そして最後は太陽に向かって目を閉じ、
静かに座る瞑想の時間に。

今日もとても心地の良い時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。


瞑想は、これが失敗、これが成功といった概念で
確認することはできないものなんだと今日感じました。

だからこそ、
そこに安心や心地よさ、リラックスが
あるのだと思います。


そうはいっても瞑想も
続けてこそ意味があるもので、
まったく努力が必要ない、というわけでは
ないと私は、思います。

ただ、何か具体的に目指す何かや目指す数値が
あるわけではなく、
リラクゼーションや癒しを追い求めるわけではなく、

それらは、瞑想を続けることで、
今、この瞬間瞬間に意識を向けることで、
自然と内側にもたらされるもの。


 


ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30