FX@外為ランキング

イベント・勉強会

2017年6月14日 16時52分43秒 (Wed)

「お線香づくり×ヨガと瞑想会」贅沢なひととき


今日は後楽園で
「オリジナルお線香づくり×ヨガと瞑想会」
を後楽園で行いました。

真っ青な空と
後楽園の新緑が素晴らしく、
そこに座るだけで心落ち着く
贅沢な時間でした。

img_20170614-165509.jpg


今日は「写経」の時間からスタートでした。

まずは塗香を聴き、
丁子を噛みしめながらの写経は
忙しさでざわざわしていた心を
落ち着かせてくれる時間でした。

img_20170614-175504.jpg



お香文化研究家の浜村先生をお招きしまての
オリジナルお線香づくりは

各自、お香を焚くイメージを持ちながら、
16種類のお香を、
思い思いに調合してつくっていきます。

img_20170614-175611.jpg

調合をしては、
試し焚きをして、
自分だけのお線香を作っていきます。

img_20170614-175842.jpg
(炭の上に調合したお香をのせて香りを確認する試し焚き)


納得のいく調合になったら、
コーンの形をつくって、
このあと、家で1週間ほど乾燥させて完成です・


img_20170614-175924.jpg


その後は
お香の心地良い香りに包まれながらの
自身の身体と心のバランスをとっていく
ヨガ、静かに座っ瞑想の時間。


後楽園の素晴らしい庭園を眺めながら、
ご参加くださいました皆さまと
贅沢な時間を過ごさせていただきました。



私たちは、
頭であれこれ複雑なことを考えたり、
どれだけ多くの知識を詰め込んだとしても、
どれだけ素晴らしい話を聴いたとしても、

自分の身体や心が調和のとれた時の
あの「心地良さ」には叶いません。

 

2017年6月6日 8時20分43秒 (Tue)

山で薬草摘み in 新庄村

週末に新庄村で薬草のワークショップに参加。

日本で唯一のチベット医である小川先生と、
新庄村の山を歩いて、薬草を見つけてきました。

山の入り口にあった、杉の木。
千手観音のよう。

img_20170606-082400.jpg


下の写真はおなじみの「かきどおし」。
ミントの香りがして、
お肉と一緒に炒めると美味しいです。

全草は干して強壮薬になったり、
お花の部分は陰干しすることで、
子どもの「癇の虫」の薬にもなるそう。

img_20170606-083113.jpg


こちらは「どくだみ」。
花の咲く前の葉が良く、
カンボジアでは生で葉を食べるそうです。

どくだみの語源は「毒出し」から来ていて、
どくだみ茶としてもおなじみです。

また、膿出しにもよく、
葉をよく揉んで貼ると治りが早く、

また中耳炎にも良いといわれ、
どくだみの葉をアルミで包んで焼き、
どろどろに溶かしたものを耳に入れるとよいそうです。

※あくまでも各自の判断でお願いしますね!

img_20170606-084209.jpg


その他、
マムシ草、やまぜり、ゆりね、
葛、いたどり、黒文字、ワレモッコウ、ヌルデ、
ゲンノショウコウ、ツリガネニンジン、
いかり草、ウコギ、アザミ、
などなどを採って、

ひとつひとつ葉の特性を教えていただきました。


img_20170606-083858.jpg

左下にある「葛」と「藤」のツル。

どちちらのツルもとても強く、
山の中ではこの「葛(くず)」と「藤」のツルが
絡み合うとなかなか解くことができず、
もつれあう「葛」と「藤」から

「葛藤」という言葉ができたそうです。

納得ですね!!

人と人とが譲り合うことなく、対立してしまう
「葛藤」,

自分の中にある相反する気持ちが同時に
芽生え、迷ってしまう
「葛藤」、

どちらもこの強いツルを持つ
「葛」と「藤」から来ているんですね。



img_20170606-083533.jpg

↑こちらはヨモギを乾燥させたもの。
これをよく揉んで、ツボに乗せて、火をつけると
お灸になります。


img_20170606-083621.jpg

小川先生も、ヨモギは万能の薬草、と話していました。

・食べてよし(ヨモギもちなど)
・飲んでよし(ヨモギ茶)
・浸かってよし(ヨモギ風呂など)
・お灸にしてよし
本当に、万能ですね。

ヨモギは
造血作用や、解毒作用、冷え解消や、
免疫力UPなどもいわれていますね。

 

2017年3月26日 15時03分46秒 (Sun)

6/14「オリジナルお線香づくりと×ヨガと瞑想の会」

6月14日に開催予定の
「お線香づくり×ヨガと瞑想の会」の会場の下見に
早朝の後楽園に行って来ました。

後楽園、梅はもう散っていましたが、
もう少しで桜を楽しめますね。


6月14日(水)10時〜13時
「お線香づくり×ヨガと瞑想の会」in 後楽園
を行います。


会の後に写経も行います、
ご希望の方は、そのままご参加ください。


img_20170325-150547.jpg
※今回の会場、後楽園の廉池軒


お線香づくりの講師には
全国でご活躍の香道のプロである
浜村早苗先生をお招きして、
今回は庭園の美しい後楽園で開催いたします。


今回のお香はコーン型の
オリジナル「お線香」づくり。

お香原料は全部で16種。

乳鉢と乳棒を使い、
全て天然のお香原料を調合してのオリジナルのお線香を作り。


健康にも良い香薬のお線香で
​身体や心を整えることはもちろん、
 
お部屋の邪気を祓い、
日々の瞑想用としてもお使いいただけます。

20個程度できますので、
​お持ち帰りいただき、おうちでお使いくださいませ。

 

 

当日は皆さんとお線香を作ったあと、
​作ったお線香を聴きながら

軽くヨガ、そして瞑想を行い、
13時頃にいったん終了を予定しております。
※ヨガや瞑想を行ったことがない方もご安心ください。


その後、みなさんでお茶とお菓子を楽しみながら
少し休憩をした後、

ご希望の方のみ
写経の時間(30分〜40分程度)を行いますので、
ご希望の方はそのままお残りください。

​※写経の道具等はこちらでご用意いたしますが、
普段お使いのものがございましたらご持参ください、


​つくりたてのお線香を聴きながら
写経の時間も
ご一緒に過ごせましたら嬉しく思います。

参加費8000円は
(お線香材料費、ヨガ、お茶代などすべて込)、

自分の身体や心、五感に意識を向ける
ゆったりとした時間を過ごしたいと思います。

 

2017年2月26日 7時10分54秒 (Sun)

チベット薬草のおはなし

週末は、
『チベット、薬草の旅』著者である
小川康さんのお話を伺うことができました。
 

お話はとっても面白くて、
興味深い薬草のお話が盛りだくさんでした。


本の差し絵はとっても可愛くて、
とってもオススメな本です。


差し絵はチベット仏画家さんが
描かれていて、差し絵を見るだけでも見ごたえあります。

img_20170226-071145.jpg


インドでは
「台所は家庭の薬箱」という言葉があるように、

家庭でお母さんが
スパイスや薬草を使って
家族の健康管理をしています。

インドもチベットも
スパイスも、薬草もとっても身近なもの。

 

2016年10月16日 13時07分24秒 (Sun)

秋を感じながらの「ヨガ」タイム

春に引き続き、
昨日は自然保護センターでヨガ体験会。

今回のヨガ会もまた、お天気に恵まれました。

元気いっぱいの子どもたちが
自然観察会に連れて行ってもらっている間、

お母さん達(お母さんたちでない方も)は
美しい自然の中で、
静かにヨガタイム。

いつもは仕事や家事、
子どもや家族のお世話で忙しく、

自分の身体や心の声に
耳を傾ける時間が持てないお母さん達、女性たちも、

いつも頑張っている自分自身の身体と心に感謝して、
ゆっくり自分の身体と心に向き合う時間。


鳥のさえずりや、秋の虫の声、
心地良い秋の風や、
どこまでも続く青空を眺めながら、

身体が心地良いと感じるままに
身体を動かしていく時間は、
身体はもちろんのこと、
心も満たされる時間でした。

img_20161016-133812.jpgimg_20161016-134320.jpg

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031