FX@外為ランキング

呼吸法・瞑想

2017年8月4日 22時59分28秒 (Fri)

頑張っても忙しくても、満たされないから、「リラックスの時間」を

頑張りすぎたり、
忙しい日々に飲み込まれてしまうと、
真実、を忘れてしまったり、

ついつい目の前で起きる出来事に対して、
良い悪いの判断をし、
心が落ち着かなくなってしまうものです。


私たちは本来、毎日を
今、ここに「安心して」くつろぎの中で
過ごせば良いのですが、

実際には
心の中はいつも満たされない感覚がして、
このままでは不十分で、
もっと満たされたくて、

そのためには
「私」にはやることがまだまだたくさんある、と
思い込んでいるために
日々が、
どんどん忙しくなっているのが今の現実だと思います。


でもどれだけ、
頑張っても、忙しくしても、
まったく満たされていかないことに
気づかないくらい忙しくしています(笑)

そうなると、
もういったいなんのために頑張って、
忙しくしているのか(笑)
     ・

私も気づけば、
身体も心も忙しくして、
「もっとなにかあるはずだ」と
常に忙しく何かを求めてしまっています。


では、なぜ、私たちが
このような
「もっと欲しい、もっともっと」
などという衝動が消えないのか。


それは
「自分という個人」が
全体と分離して存在していると感じているからです。

自分と全体は別ものと考えているから。


全体と自分とが離れているこの分離感は
当然、なにかが欠けている感覚になりますから、
常に、いつも何かを求めることになります。


そうなると永遠と何かを求めることになりますから、
手に入れても手に入れても、
結局はまた次のものが欲しくなります。


本当は、
分離などなく、

ただ同じひとつのエネルギーが、
いろいろなフィルターを通して表に表現されているだけで、
何一つ分離して存在はしていません。


静かに座る時間を持つことで、
そうして分離感も欠乏感も
単なる幻想だったことに気づいたとき、
分離感をもたらしていた
この「自分」が消えています。


その時に向こうから
「やすらぎ」と「くつろぎ」がやってきます。

 

2017年6月27日 20時31分01秒 (Tue)

「己に打ち克つ」ための呼吸法

「ウジャーイ・プラーナーヤーマ」という
呼吸法があります。

ウッジャイとは「打ち克つこと」。

ウッジャーイとは「己にうち克った者」という意味。

この呼吸法は
自分を律して、
自分の中にある荒れた感情や狭い考えに
打ち克つために行います。


感情が荒れそうな時、
心が落ち着かない時、
イライラが静まらない時、
おこなってみてください。

まずは、
姿勢を正して、蓮華座や半蓮華座で座り、
仕事場や外にいるときなどは
椅子に座ったままで大丈夫です。

できるだけ静かな環境だと良いです。

口を閉じ
目を軽くつぶり(半眼などでもOKです)ます。

最初に
鼻から寝い息を立てるように小さな音を立てながら、
できるだけ長く息を吐きだします。

吐き切ったら、
今度は、寝息を立てるように小さな音を立てながら、
息を吸っていきます。

この「ゆっくり吐いて、ゆっくり吸う」が1セット。

これを10セット、ゆっくり行います。

10セット行う間は、
自分の呼吸に意識を向けて、
頭の中をめぐる「思考」をいったん止めます。


こんなにシンプルな呼吸法ですが、
10セット行ったあとは、
頭がスッキリして、
心が静かに穏やかになっていることに気づきます。


自分の最大の敵は
自分の外にあるものではなく、

自分の中にある
次々と湧いてくる思考や、
荒れ狂う感情。

 

2017年5月24日 20時35分31秒 (Wed)

瞑想の効果の研究

昨日のチベット問題の話から、
チベットの宗教的リーダーである
ダライ・ラマ14世が

以前、世界中の科学者たちに
向けて送ったメッセージを思いだしました。

ダライ・ラマ14世は
「私たちチベット仏教の僧侶たちは、
平和のために多くの瞑想の時間をつくっています。

協力します。
瞑想がどういう効果を人間にもたらすのか、
科学的見地から調査を行ってください。」

とメッセージを発信しました。

このメッセージを受けて、
世界中で瞑想の研究が進んだそうです。

瞑想を年間に1万時間以上している高僧と、

常に頭の中で、あーでもない、こーでもない、と
思考でグルグルの私たち、、、

それは明らかに違いますよね(笑)


脳波や脳内のスキャンなどをとって
調べたそうですが、
瞑想の大きな有用性が明らかになったそうです。


瞑想の効果はあげればキリがないですが、

高いリラックス効果と同時に、
集中力が高まり、
記憶力の向上につながったり、
アイディアや直感力が増したり、

リラックスをして
人とつながることができるので、
他人の気持ちを理解することができたり、
人を思いやることができるという
効果も見られます。

また
ストレスに強くなり、
緊張を和らげる効果があることも
わかったそうです。


それ以降、
アップル社やグーグルなどの企業が
積極的に瞑想を取り入れるようになって、
より一般的になっていったようですね。

 

2017年5月18日 16時54分26秒 (Thu)

「瞑想」と「シロダーラ」

15分間の瞑想は
睡眠の2〜3時間分に相当する、とも言われていますし、

実際、日々の中に取り入れている人は
瞑想後のスッキリ感や心地良さは体験済みだと
思います。

また瞑想はストレスを解放して、
自然治癒力、免疫力を高めてくれることも
わかっていますから、
日々の生活に使わない手はないと思います。

この瞑想と同じ状態に持っていくのが
シロダーラになります。

30分間、
一定の温度のオイルを一定の早さで
額(第三の目の場所)に垂らしつづけることで、
瞑想状態に入ります。

シロダーラは
「脳のクレンジング」ともいわれますが、
シロダーラを行い、
瞑想状態に入ることで、
身体も心もリラックスして、
睡眠に近い状態になっていきます。


私たちは、
日常生活を送る上で、
身体や心に不自然な力が入りっぱなしに
なっている状態が普通になってしまっていますが、

そんな力み、
緊張状態を解いて、
頭の中にある思い込みや、
囚われ、思考を解放(クレンジング)していく効果が
瞑想やシロダーラにはあります。

良い睡眠がとれない、
ストレスで心身共に緊張状態が続いている、という人にも
瞑想やシロダーラは有効です。


瞑想やシロダーラによって
完全なるリラックスに連れていってもらえます。


瞑想やシロダーラは
私たちを静かで、穏やかで、静寂の中に
連れていってくれる手段のひとつになります。

睡眠と似ていますが、
瞑想やシロダーラは、
身体は眠っています(休んでいます)が、
意識はある状態になります。

 

2017年5月10日 5時29分38秒 (Wed)

「思考」を止めて、「今」と関わってみる

朝、起きると、一瞬だけ、
ん?ここはどこだっけ?なんて思う瞬間が
ありますが、

次の瞬間には

そうか、朝だ!
顔を洗って、トイレに行って、うがいをして、お白湯を飲んで、
ヨガをして、お祈りをして、1日をスタートさせよう、と

起きた、次の瞬間から、
頭の中の「思考」は高速回転をはじめます。


昨日、あんなことがあったなぁ、や、
今日はこんな予定があるなぁ、や
嫌なことや不安なことを思い出したり、
会いたくない人、許せない人を思いだして、
気分が落ち込んだり。


朝、起きた瞬間から、夜寝るまで
私たちの頭の中は、

そんな「思考」がグルグルグルグルしている状態です。

これを「無明(むみょう)」
サンスクリット語では「 アヴィドヤー」といいます。


明けてない状態、
目覚めていない状態。

身体は起きていますが、
「意識」は目覚めておらず、
「思考」だけが、グルグルグルグルと
いつまでも暴走している状態。

これが多くの私たちの日常だと思います。


そしてこの無明の状態は
私たちを疲れさせて、
不安にさせて、
落ち込ませて、
まさに「無明」「明かりの無い」「明けない」状態が
いつまでも続くことになります。


「思考」に振り回されず、
「意識」を目覚めさせるためには
「今」「この瞬間」に意識を向けていくこと。

その方法のひとつが瞑想になりますが、
瞑想といってもいろいろな方法がありますし、

大切なのは方法ではなくて、
そのような「状態にある」ことですから
難しく考えなくて良いと思います。


まずは軽く目をつぶって、
身体の感覚に意識を向けてみるのも良いと思います。

私はこれが一番簡単だと思っています。

椅子に座っているのであれば、
お尻と椅子とが接している部分に意識をもっていって、
触れている感覚を味わう、

お料理をしているのであれば、
その包丁を持った手、に意識をもっていく、

歩いているのであれば、足の裏が地面につく感覚を
味わう。

もし身体を動かせる場所があるのであれば、
ヨガをして自分の呼吸に意識を向けたり、
動かしにくい部分に意識を向けてみる。

もし静かに座る時間をつくれるのであれば、
静かに座って、

足先から、頭の先まで順番に意識を向けて、
どういう状態かをみていく。


それが難しければ、
耳を澄ましてみる。

車が通る音がしたら、その音を「車が通った」と
判断せずに、ただ聞いてみる。

もし、公園や自然の中にいるのであれば、
目をつぶって、自然の音、風の音や鳥の声を、ただ聞いてみる。

そうやって「今」に意識を持ってくること、
頭の中を常にグルグルしている

「思考」や「雑念」を一時的に止めて、
「今」と関わってみる。

 


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031