FX@外為ランキング

生き方

2017年4月21日 18時24分13秒 (Fri)

「余裕」と「スキマ」のある生活を

明日は、和気にある
自然保護センターで「ヨガ体験」です。

今回も、
お天気にも恵まれそうで良かったです。

すでに定員はいっぱいのようですので、
参加は難しいようですが、

自然保護センターの駐車場を上がった、
池のほとりで行っています、
お近くにお越しの際にはのぞきにいらしてください♪

10時〜12時まで行っています。


話は変わって「余裕」と「スキマ」について。

私たちは普段、
焦ったり、不安になったり、
怒ったり、イライラすると、
身体も心もバランスの悪い状態になります。

普段、ヨガや瞑想、
アーユルヴェーダなどをして、
自分の身体や心の状態を客観的に見る習慣のある人は、

自分の中に
「スキマ」のようなものができてきて、

こうして自分の身体や心のバランスが崩れた際、
敏感に感じることができるようになってきます。


心も身体もバランスが悪くなると、
自分の中に入ってくるものを
うまく消化させることができなくなりますから、

身体にも、心にも
アーマ(未消化物・毒素)が溜まっていきます。

溜まったアーマは病気の元をつくり、
身体の病気や心の病気となって
症状としてあらわれてきます。


そうならないために、
大切なのは、
心も身体も
安心していること、
リラックスしいること、
そのための「余裕」「スキマ」をつくっておくこと。

いっぱいいっぱいにならないこと。

現実的にやることがいっぱいでも、
追い込まれて切羽詰まっていても、
毎日がぎりぎりでも(笑)、

「大丈夫、なんとかなるか」と
心のどこかには、わずかでも隙間(余裕)を
持っておくこと。

この「余裕」「スキマ」をつくっておくことで、
私たちは
バランスを元に戻しやすくなります。

 

2017年4月20日 17時28分36秒 (Thu)

4月は不安定で不安になる時期

新年度スタートの4月は、
どうにも落ち着きませんね。

自然界も芽吹く時期、
環境も新しくなる時期、
生活も落ち着きませんし、
身体的にも精神的にも落ち着きません。


春は、
暖かくなってうれしいと同時に、
全体的に不安定モードに
入る気がしています。

ちょっとしたことで不安になったり、
イライラしたり、怒ったり、
スムーズにものごとがすすまなかったり、

普段なら気にも留めないようなことが気になって、
頭の中をいつまでもグルグルしていて、
心が疲れてしまいます。


こんな時には
「そういう時期なんだ」とあきらめて、
できる限り、
リラックスして過ごすことなんだと思います。

起きていることに
やれ不安だの、心配だの、
この先どうなるだの、
あれは正しい、あれは間違え、
などと判断をせず、

起きていることをありのままに見て、
「うん、そうか」と、
あとは、リラックスしておくこと。

そうしてリラックスしているうちに、
4月が終わってくれます(笑)


不安定な時には、
不安定になるようなことが起きます。

みんな同じですから、
とにかくこの時期は、身体の力を抜いて、
心の力を抜いて、
リラックスして過ごしてください。


身体の力が抜けないときには、
横になって、
いったん、グ〜ッと全身に力を入れてから、
一気に脱力をしてみたり。

オイルで足の裏をしっかりマッサージをして、
ケアをしてあげることもおススメです。

セサミオイルを塗布することで、
ヴァータが落ち着き、身体も心も落ち着きます。

 

2017年4月19日 20時20分54秒 (Wed)

「幸せになろう」と思う自分がいなくなった時


今日は1日、
サンダルウッド(白檀)のお香を
焚いていました。

インドの古典の中では
サンダルウッドは
神への重要な捧げ物のなかのひとつ。


サンダルウッドには、
心を落ち着かせ、
心を静め
瞑想状態を促し、
本来私たちの中にある知性を目覚めさせてくれる
効果があるといわれています

確かに焚いていると、
不思議と心が落ち着きますね。


最近、子どもが
「幸せはどこにある」の歌を
よく口ずさんでいるので、
今朝は、ふっと、そのフレーズが頭の中に
浮かびました。


この歌、
「幸せはど〜こにある、幸せはど〜こにある
それは、わたしたちの心の中にある〜♪」

という歌で、私も大好きな歌のひとつ。

私たちは
こうして「幸せはど〜こにある?」と

幸せをどこか外に探して、
幸せになろう!としているうちは、
幸せには出会えない生きものなんだと思います。


本当の幸せは、
「私の幸せはどこにあるの?」や
「なんとかして幸せになろう!」
と思う自分がなくなった時に、

すでにそこに
「幸せ」が「ある」ことに
気づくものなんだと思います。

 

2017年4月18日 20時46分43秒 (Tue)

「安心」も「幸せ」も常に自分の内側にあるもの


「ここ数年、安心できる居場所」が
少なくなっている、
なんていうニュースを
よく見かけるようになりました。

大人も子どもも、
心のどこかで
寂しさを感じていたり、不安を感じていたりで
安心で着る場所がない。

そんなニュースを見るたびに
寂しいな、と感じます。

安心ってなんでしょうか。

ちゃんと、
安心を感じながら毎日を送っているでしょうか。


私は「安心」も「幸せ」も、
同じ類のものなんじゃないかと思っています。

「安心」も「幸せ」も
自分の外側に「それ」を求めている限り、

一度手に入れても、
もっともっと欲しくなってしまう類のもの、
なんだと思っています。


これだけお金があれば幸せ、
結婚さえすれば幸せ、
あの役職さえ手に入れれば幸せ、
あの資格をとれば幸せ、
家さえ買えば幸せ、などなど

自分の外側にあるものに「幸せ」を求めていては、
満たされることはありません。


これは「安心」も同じで、
自分の外側に求めている限りは
本当に安心できる居場所を見つけることはなく、

自分の内側に
安心や居場所を見つけていくことではじめて
「私の安心はどこにある?」と
「安心難民」
にならなくて済むのだと思います。


外側に向いている意識を
グ〜ッと自分の中心に戻して、

「私は私のままでいい」
「ここが私の還る場所」

と、自分の内側の中心にある「ソファ」に
どっしりと、
深く腰をかけて座るような安心感。

 

2017年4月14日 22時18分10秒 (Fri)

歪みを流して、整えて、元に戻していくこと


いつも、こだわりのない心、
素直な心でありたいな、と思いますが、

長年かけて、
曲がりくねって偏った心は
そう簡単には、まっすぐにはなりませんね(笑)

私たちは身体や心に溜め込んだ、
こだわりや歪みを流して、整えることで、

本来の身体、
もとの素直な心に戻ることができます。


歪みを流して、整えて、元に戻していくこと、
それがアーユルヴェーダの智恵であって、
ヨガでや瞑想です。

こだわりのない素直な心、
調和のとれた身体、それが全てですね。


あまりにも歪んだ自分を見ると、
ほとほと自分が嫌になってしまったり、

いつまでもこだわっている自分に気づくと
自分に疲れてしまうこともありますが、

それは、
本来の自分を嫌いになったわけではなく、

その場その場で流せずに
溜めこむしかなかったものに対して手に追えず、
うまく対処できていないだけです。

 


ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30