FX@外為ランキング

統合医療

2015年4月12日 8時00分58秒 (Sun)

目に見えないものの影響力

日本では医療制度の関係上、
病院と言えば、
現在は、西洋医学が主流になってきていますが、

西洋医学のシェアは全世界では25〜30%だそうです。


日本の国民皆保険の制度は世界の中でも
稀に見る素晴らしい制度ですが、

それらの保険制度や医療制度の都合で、
日本では薬に頼る医療、
お医者さんに自分の心身を任せてしまう医療が
主流になっているのは、残念な気がします。


西洋医学は病気の原因を部分でとらえます。

お腹が痛ければ、「痛い部分」を抑える薬を出したり、
痛い原因とされる「部分」を切り取ったりります。


それとは逆に、
世界にある多くの伝統医学といわれているものは、

身体と心のつながり、
生活習慣、環境などとの関係、
身体や心、生活全体から、原因をさぐっていきます。

2014年9月8日 7時12分16秒 (Mon)

ステロイドについて

ストステロイドについては、
いろいろな考え方があると思います。

私もどうしても皮膚の痒みがひかない時、
そして子どもの喘息の時、
内心「あまり使いたくないな」と思いながら、
とはいえ、目の前にある症状を一時的にでも抑えなくては
生活できない、と思い仕方なく使ったことがあります。

時と場合によりますが、
ステロイドの使用は適用量を使用すれば、
私は有用だと思っています。

2014年2月11日 6時20分22秒 (Tue)

自分らしく生きるための医療

統合医療のクリニックで仕事をしていた時、
病気や症状で苦しむ患者さんを見て、

医療って一体なんだろう?
なんてことをよく考えていました。

「医療」というのは、

 

2013年2月27日 22時27分28秒 (Wed)

思いやりの医学

アーユルヴェーダは、
「人生は幸せになるためにある」としていますから、
アーユルヴェーダを学ぶことで、
幸せになる方法をたくさん教えてくれます。

「人は何を考えている時が一番幸せか・・・」
そんなことを調べた人がいると、以前読んだことがあります。

それは
「相手への思いやり」の気持ちを抱いている時が、
人は一番幸せなんだそうです。

なんとなく過ごしている毎日では
「思いやり」どころか不平不満ばかりが出てきてしまいますが、
それでは、自分の幸せが遠のくばかり。

自分が自分が、と、自分のことばかり考えるのではなく
相手を思いやる心を持つ、
それだけで「一番幸せ」になれます!

アーユルヴェーダは「思いやりの医学」とも言われていて、
相手を思いやる気持ちを一番大切にします。

アーユルヴェーダは受ける側も、与える側も、
「とっても幸せ」になれるのです。

2012年4月23日 14時43分38秒 (Mon)

思いやりの「医学」1

西洋医学の歴史は200年といわれますが、
アーユルヴェーダの歴史は5000年。
世界最古の医学です。

アーユルヴェーダの始まりは
『生命とは何か?』から始まったもので
内容も医学的なものから、
兵法、建築学、芸術に関する文献、
そしてヨガもその中の一つ。

この膨大な書物に記されているヴェーダ文献が、
中国医学、ギリシャ医学、現代医学などの様々なものに
大きな影響を与えたと言われています。

中国医学の気功・漢方などは、
アーユルヴェーダの考え方と似ています。

これらの書物は人間が生み出した知恵ではなく、
賢者が神から得た啓示だといわれています。

そのためアーユルヴェーダは、
神様から人間に与えられた神聖な「生き方の知恵」なので、
他者を思いやる気持ちを最優先して
実践されなければならないと言われています。

インドでアーユルヴェーダを勉強していた時も、
先生には繰り返し言われました。
「技術はもちろんだけれど、
相手を思いやる気持ちが何よりも大切。」
「見返りを求めず、相手に与え続けなさい」と。

アーユルヴェーダは神様が与えてくれた知恵、
他者を思いやる医学。

まさに医療の基本の基だと思います。

思いやりの「医学」2の記事はこちら→


ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

アーカイブ