FX@外為ランキング

2017年03月 のアーカイブ

2017年3月30日 16時48分54秒 (Thu)

すでにある豊かさに気付く

私たちが「今」この瞬間に
​意識を向けられないのは、

「今はまだ十分じゃない」
「この先には、今より素晴らしい世界が待っている」

という感覚が常にあるからなんだと思います。


小さな頃から、
頑張ることを要求されて、

今まで以上に頑張って、
何かを克服して、乗り越えれば、
自分はもっと大きく成長して、満足するはずと、
信じてきています。


でも、本当は、
​私たちは、「今」ここにある、
​目の前にある
「豊かさ」や「感謝」を
見つけていくことがすべてになります。

存在するのは「今」だけだからです。


「今」この瞬間瞬間
​目の前にある
「豊かさ」や「ありがたいこと」を
数えることができたなら、

当たり前ですが、
わたしたちは 
​もっと「豊か」で「感謝」の毎日になります。


​常に、まだ起きてもない先々のことに意識を向けて、
​今の目の前にある「豊かさ」に気付かないのは、

​今、目の前にある
「美味しいケーキ」を味わうことなく、

​将来、もしかしたら起きるかもしれない
「ひもじさ」を想像して
​「食べるものなくなったらどうしよう」と、
心配しているようなもの(笑)

 

2017年3月29日 21時42分46秒 (Wed)

呼吸をコントロールする


呼吸が浅くなると、
イライラや怒りやすさにつながります。

最近は、
キレやすい子が多いといわれていたり、
おかしな犯罪も増えていますが、

イライラや
自分の怒りを抑えられないのも
呼吸の浅さと深く関係があります。

私たちは、
呼吸を深くしている時、
感情的にキレることはできませんし、
ヒステリックになることはできません。

怒るにしても、
冷静に、
心を落ち着かせて理路整然と話す口調になります。


呼吸をコントロールすることで、
私たちは
自分の心をコントロールすることができます。


日本の禅の世界でも、
呼吸法は大切にされてきましたが、
そのルーツはインドにあります。

インドでは、
昔からアーユルヴェーダやヨガで
呼吸を大切にしてきました。

呼吸を深くすることには
細胞ひとつひとつに酸素がしっかり行きわたるので、
細胞が活性化につながります。

当然、
脳の細胞も活性化しますので、
松果体からメラトニンが多く分泌されます。

メラトニンは、
免疫力を高め、
睡眠やホルモンバランスを整え、
老化を防止や集中力を高める働きをしてくれます。

呼吸法が
老化防止につながったり、
免疫力が高まったり、
不眠解消に役だったり、
集中力が出たりするのは、
このメラトニンの働きもひとつだと思います。

 

2017年3月28日 18時32分07秒 (Tue)

いつも心をニュートラルに

同じ出来事があったとしても、

心がイライラしている時と、
心がニュートラルで穏やかな状態の時では、

感じ方が全然違います。

赤ちゃんが
レストランで泣いていても、
イライラしている時には
「静かにして!!」と思うかもしれませんが、

ニュートラルな状態の時には
「赤ちゃんが泣いているな」と
ただ、その事実だけを受け取って、
良いも悪いもなく流すこともできますし、

そうして
心に余裕があれば
「どうして泣いているのかな、お腹空いたのかな?」
などと、思いやることもできます。


みんなが
イライラや不安や怒りではなく、
ニュートラルで安心と優しい気持ちでいれば、
きっと、この世の中の
多くの問題がなくなるように思います。


今ある多くの問題は
表面に見えている問題自体が
問題なのではなくて、

その根本にある、
ひとりひとりのの
イライラや不安、怒り、寂しさが問題の元に
なっています。

心がニュートラルで穏やかで
安心と優しい気持ちでいる時には、

人は自分だけでなく、
他人の幸せも心から願うものですから、

自分の心を
波の少ない穏やかな状態にしておくことが
あらゆる問題を解決してくれることがわかります。


どんな正義や正しさをふりかざすよりも、
心が穏やかで優しさがあることのほうが、
私は大切だな、とつくづく思います。

時代が変われば、
正義も正しさも変わります、

国が違えば、
正義も正しさも違います、

でも、いつの時代も、どの国も
優しさや相手への思いやり、
心が穏やかであることは尊重されて、
大切にされてきています。

 

2017年3月27日 18時17分27秒 (Mon)

知性の間違った使い方(プラッギャーパラーダ)

今までも何度か、
「知性の間違った使い方」=「プラッギャーパラーダ」
について書いたことがあります。


​私たちは本来持つ「知性」を生かして
生活していれば、

不調や病気にならず、
有益で幸せに寿命をまっとうできると
アーユルヴェーダでは教えています。


私たちは本やテレビやインターネットで得た
「知識」を生かすことも大切ですが、

​それ以前に、私たちが本来持っている
「知性」を生かすこと、
それが大切になります。


たとえば、
喫煙は身体に悪いと知っていながらも、
止めることができていません。

​これは、
​身体と心の声を聴くことができていない
​=知性を正しく使えていないことから
起きています。


また以前は、テレビなどで
「これが健康に良い!」などというと
次の日はスーパーからその食品がなくなる、
なんてことがよく起きていましたが(笑)


これも「知性」を生かしている
=自分の身体と心の声を聴いている
とはいえません。

このような、
自分の身体や心の声を聴いていない、
知性を生かしていない生活は
不調や病気をまねきます。


プラッギャーパラーダ(知性の間違い)には、
​3つのタイプがあると
アーユルヴェーダでは教えています。


1、言語による誤り
​乱暴な話し方、泣き叫ぶこと、暴言、嘘、など。


2、心理的な知性の誤り
​嫉妬、利己的なエゴ、貪欲、
怒り、執着、人から搾取することを考える、など。


​3、身体による知性の誤り
​過剰労働、長時間の座りっぱなし、
自然の欲求(排尿、排便、空腹、のどの渇き、くしゃみ、吐き気)
を抑制すること。


 

2017年3月26日 15時03分46秒 (Sun)

6/14「オリジナルお線香づくりと×ヨガと瞑想の会」

6月14日に開催予定の
「お線香づくり×ヨガと瞑想の会」の会場の下見に
早朝の後楽園に行って来ました。

後楽園、梅はもう散っていましたが、
もう少しで桜を楽しめますね。


6月14日(水)10時〜13時
「お線香づくり×ヨガと瞑想の会」in 後楽園
を行います。


会の後に写経も行います、
ご希望の方は、そのままご参加ください。


img_20170325-150547.jpg
※今回の会場、後楽園の廉池軒


お線香づくりの講師には
全国でご活躍の香道のプロである
浜村早苗先生をお招きして、
今回は庭園の美しい後楽園で開催いたします。


今回のお香はコーン型の
オリジナル「お線香」づくり。

お香原料は全部で16種。

乳鉢と乳棒を使い、
全て天然のお香原料を調合してのオリジナルのお線香を作り。


健康にも良い香薬のお線香で
​身体や心を整えることはもちろん、
 
お部屋の邪気を祓い、
日々の瞑想用としてもお使いいただけます。

20個程度できますので、
​お持ち帰りいただき、おうちでお使いくださいませ。

 

 

当日は皆さんとお線香を作ったあと、
​作ったお線香を聴きながら

軽くヨガ、そして瞑想を行い、
13時頃にいったん終了を予定しております。
※ヨガや瞑想を行ったことがない方もご安心ください。


その後、みなさんでお茶とお菓子を楽しみながら
少し休憩をした後、

ご希望の方のみ
写経の時間(30分〜40分程度)を行いますので、
ご希望の方はそのままお残りください。

​※写経の道具等はこちらでご用意いたしますが、
普段お使いのものがございましたらご持参ください、


​つくりたてのお線香を聴きながら
写経の時間も
ご一緒に過ごせましたら嬉しく思います。

参加費8000円は
(お線香材料費、ヨガ、お茶代などすべて込)、

自分の身体や心、五感に意識を向ける
ゆったりとした時間を過ごしたいと思います。