FX@外為ランキング

2016年05月 のアーカイブ

2016年5月31日 12時05分44秒 (Tue)

自分で作った枠から出るのも自分、でないのも自分

私たちは、
自分で自分の生きる枠を
決めています。

小さな頃から言われ続けて、
思い込んできた
「こうでなければならない」
「こうあるべき」
という枠に、
自分で自分を閉じ込めていることに
気づくことが大切です。

肉体には寿命があり、限界がありますが、
私たちの魂には限界はありません。

それにも関わらず、
その限界を決めて、
いつまでも自由にならないよう、
本来の自分で生きないよう、

こっちの方が安全だろうから、と
枠に自分を押し込めているのは
自分自身であることに
気づくことが大切です。

そしして、そこに気づいて、
自分でつくった枠から出て、
自由になっていくことが
アーユルヴェーダやヨガの最終地点になります。

ものや人、感情への執着をなくして、
怒りや苦しみ、悲しみから自由になること、
これが目指すところになります。


とはいえ、実際には、
頭ではわかっちゃいるけど、できないのが
この境地ではありますが(笑)、
私は頭で分かっているだけでも、
十分だと思っています。

私自身も
「わかっちゃいるけど、そんなのできませ〜ん!」
と思うこといっぱいです(笑)
 

2016年5月30日 8時53分16秒 (Mon)

迷わないためにクリアにしておく

わたしたちは
小さなことから、大きなことまで、
日々、いろいろなことに迷っています。

あれはどうしたらよいか、
どちらを選んだら得か、
こちらの道を選択して失敗したらどうしよう、
チャレンジして今ある信用を失ったらどうしよう、と

私たちは常に迷って、悩んでいます。

でも、本当のこたえは
私たちはすでに知っていますから、
本来は迷う必要はなく、

身体も心もシンプルでいることで、
自分にとって本当に必要なことが見えてきます。


ただ、私たちは
余計な感情や、よこしまな思いに邪魔されることで、
本来の自分がどうしたいか、が
見えていませんから、

本来の自分の身体や心の声を聴くためには、
身体からも心からも、
今、必要のないものは出しておくことが大切になります。

身体も心も
シンプルにクリアにしておくことで、
自分が、どちらの道に進んだら良いのか、
本当はどうしたいのかが、
見えてくるのだと思います。

これを「直感」とも言うのかもしれませんが、
直感を冴えせるためには、
身体も心も
サトヴァ(純粋性)を高めておくことが
大事になります。

 

2016年5月29日 12時53分39秒 (Sun)

自分の時間は自分のために使う

いろいろなことが複雑に、
そして忙しくなってきてきてる今、
生活や仕事、人間関係、
食事、
生活習慣、
生活環境などをシンプルにしておくことは
これからますます大切になります。

自分の身の周りが
シンプルであれば、あるほど、
私たちは、
自分の時間を大切に使うことができます。

シンプルにしておくことで、
無駄な問題に巻き込まれたり、
余計なことに心を使うことが減りますし、

部屋がごちゃごちゃとしていなければ、
あれこれと探しものをしなくても済みますし、

テレビやSNSの見すぎや、
無目的に見ることをやめて、
情報もシンプルにしておくことで、
情報にまどわされなくて済みます。

そうやって、自分をシンプルにしておけば、
それだけで、自分の時間、
自分の人生を
大切に使うということにつながります。


2016年5月28日 9時59分31秒 (Sat)

「怖かったら怖いほど、そこに飛び込む」

私の好きな岡本太郎さんの言葉に

「危険だと思う道こそ、自分の行きたい道なのだ。
怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ」


という言葉があります。

どうしても、心の平和や穏やかさを
追求していると、

今、目の前の安全、安定を求めすぎて、
怖いなと思うことを
避けがちになってしまいますが、

でも、それをしていると
ものごとが停滞するような、
前に進まない感覚になってくるものです。


そもそも
絶対的な安全、安定といものは単なる幻想であって、
大切なのは、
起きる出来事がどうであれ、
自分の「心」が満たされていて、
穏やかで平和な状態であること、

怖いなと思う方を選ばない、とか
危険な方に飛び込まない、とかではなく、
そういう中でも、
心が満たされて、
穏やかでいられる自分でいることなんだと思います。

それをせずに、
今が楽だから、
変化は面倒で、大変だからと、
今の「状況」の穏やかさや平和さに執着していると、

結局は本来の自分が満たされず、
本来の自分で生きている実感が
してこないのだと思います。


2016年5月27日 7時50分46秒 (Fri)

生まれてきた意味を思いだす

アーユルヴェーダでは、
宇宙に存在するものは全て、
土、水、風、空、火の5つの要素でできていると
教えています。

自然も、人間も、動物も、食べものも、
そして、身の周りにある机も椅子も、
コーヒーカップも、
すべてこの五大元素で成り立っています。

私たちを成り立たせているのは
「お金」や「経済」ではなく、
この5つの五大元素。

お金や経済は、幻想であって、
生活を便利にしたり、
スムーズにするための道具でしかありません。

ですから、
私たちが健康で幸せに
自分が生まれてきた意味を思いだして、
自分らしく生きるためには、

「お金」を中心とした生活ではなく
土、水、風、空、火を感じる生活に
移行していく必要があります。


それはお金は大切ではないとか、
経済活動はいらない、
と言っているのではなく、

本当に自分の身体にとって心にとって
何が大切で、
何が私たちの身体や心を豊かにしてくれているのかを
ちゃんと考える時期にきているということだと思います。