FX@外為ランキング

2013年11月 のアーカイブ

2013年11月27日 4時48分13秒 (Wed)

ギーで冬の風邪対策

この時期体調を崩しやすい方、
風邪をひきやすい方、お子様などに
ギーがオススメです。

インドでも子どもはホットミルクに
ギーを入れて飲んでいます。


ギーは、すべての体の組織のオージャス(生命力)を
強くしてくれます。

消化力(アグニ)をあげ、
食べたものの消化を促進し、
消化酵素を増やしてくれます。

小腸の中に存在する
消化の炎(ジャタラアグニ)も増やてくれて、
消化を促進させます。

また、ギーは、他のオイル類や脂肪類のように
肝臓の働きを妨害せず、
逆に肝臓を強化させてくれます。

他にも、骨髄や神経組織、生殖組織を強くし
精神の安定、強化にもつながります。

ギーは、心、体、脳、神経組織のための大切な強壮剤です。

ギーは、食事で使うか、
ナスヤ(鼻に垂らします)で体内に取り入れていきます。


作り方は以前にもご紹介しましたが、
とても簡単です。


【ギーの作り方】
生の無塩バター約500gを中火でおよそ15分間加熱。
バターが溶け、沸騰しはじめます。
火を弱火にします。
バターが黄金色に変わり、
ポップコーンのような匂いがしてきます。

1滴、2滴の水をギーの中に落とすと、
パチパチという音がなります。
こうなったら、ギーの出来上がり。

少し冷ました後、濾し器でこし、容器に入れます。

ギーは、冷蔵庫にいれずに常温で半永久に保存できます。

2013年11月24日 5時50分21秒 (Sun)

悩まない

頭の中でグルグルといつまでも同じことを考え、
悩みが止まらない時、ってあります。

そんな時は、
どうどうめぐりを繰り返してしまうだけで、
ドツボにはまってしまい、
なんにも解決しないものです。


そんな時には悩まないが一番。


悩みは、ある問題を解決したくて、
問題から逃れたくて頭をぐるぐる回転させるのですが、

考えは考えを呼ぶばかりで、
いっこうに解決の糸口にはたどりつかないものだと
思います。


メンタルなことはフィジカルから。


ヨガでも、アーユルヴェーダでもそうですが、
心の状態を変えることは難しいです。

だから、まずはアーサナ(ポーズ)をとって
体を変化させることで心の状態を変化させていきます。


同じように、悩みのドツボにはまりそうな時には、
体を使ってみるのが良いと思います。

もちろんヨガでも良いですし、
外に出て歩いてみる、
部屋の掃除をする、
料理を作るなど、なんでも良いと思います。


そしてヨガもアーサナ(ポーズ)の時に、
自分の体や呼吸に意識を向けるように、

ウォーキングの時も、掃除の時も、お料理のときにでも、
自分の「今やっていること」自体に
気持ちを向けて、

「この本をこの棚を片付ける」
「味付けは塩コショウにしよう」など

今、自分がやっていることに意識を向けて
ひとつひとつ行動していきます。

人間、同時に同じことを感じたり、考えたりすることは
できないので、

「今、この瞬間」に、
「今やっていること」に、集中しているうちに、
悩みはどこかへいってしまうものだと思います

悩みにどっぷりつからずに、
そうやって、「今、やっていること」に集中して
自分と悩み事の間に隙間が出来てくると、


また違った見方ができ、解決への道筋が
勝手に見つかったりするものです。

もしくは、悩みそのものがなくなったり
するものだと思います。

2013年11月22日 21時58分05秒 (Fri)

幸せのために必要な3つのもの

この世で、人が本当に幸せを感じるために必要なものは
ただの3つ。

・愛する人
・すべきこと
・希望

(アメリカの作家トム・ボーデット)


だそうです。


全ての人に当てはまるかは分かりませんが、
確かにそうだな、と思いますね。


3つとも、
すでに自分の目の前にあるもの、
あとは自分が「それ」に気づくだけ、
ですね。

2013年11月20日 16時27分07秒 (Wed)

アーユルヴェーダ的な生活

アーユルヴェーダの文献には
朝起きた時から夜寝るまでの過ごし方や方法が、
事細かにまとめてあります。

ただアーユルヴェーダは
あれはダメ、これはダメと厳しくする必要は
ないのだと思います。

大切なのはいかに毎日を健康で幸せに生きるか。

私たちが毎日をいかに楽しく、
幸せを感じながら生活をすることが大切かは
2700年前の古典にも書かれています。

そこにはアーユルヴェーダの健康の定義として
「心、五感、魂が至福に満ちていること」
と記されています。

幸福感に満たされた状態だから長生きもできる。

現代心理学でも幸福な人ほど長生きであると言われています。

確か長生きの第一位は僧侶だったような気が。
心に波を立てず、平和と幸福感で生きていると
自然と長生きになるのだと思います。

本来の自分の心や体の声に従って、
生きたいように生き、
幸福感、満足感を感じられる食べものを
食べたいように食べれば良いのだと思います。

あれもダメ、これもダメ、という禁欲的な生活は
アーユルヴェーダの目的としているところから
ずれていってしまうような気がします。

なんでもバランスが大切、楽しみながら、ですね。

2013年11月19日 0時05分27秒 (Tue)

未来のことは未来の自分が

今日もお客様から
嬉しいご報告がありました!

ご結婚、妊娠、ご出産、転職、お子様の成長などなど
皆様の嬉しいご報告をお聞きするたびに、
「あ〜!嬉しい!!!」と、
勝手に自分のことのように幸せな気持ちになってます(笑)


今日も、このまま色々なことを進めていくことに
迷いはあるけれど、、、とのことでしたが。


私たちは、いつも幸せになりたくて、
人生に幸せや楽しみを探して生きています。

でも、本当は与えられたすべてを「ただ楽しむ」ことが
大切なんだと思います。

実際には「ん?」「なんで?!」と思うようなことも起きますし、
難しいんですけど・・・

でも、どうなっていくのか分からない未来を
ああしよう、こうしよう、とコントロールしようとすれば、
不安や心配事が次から次へと絶え間なく、
押し寄せてくるものだと思います。

インドの聖典ヴァガバットギーターの言葉を借りれば、
何事も、結果そのものには意味がないのですから、
「どうなるか」が大切なのではなく、
今、目の前にあるものを楽しむ、ことが大切、
ということですかね。

未来のことは、未来の自分がちゃんと考えて、対処して、
楽しんでくれますから、
そんな未来の自分を信頼することが一番。

まだ起きてもない何かを
避けようと心配したり、不安に思わず、
そして他人の無責任な発言や心無い言葉、
考え方に惑わされないこと。

それができれば、きっとなんであろうと、
楽しめる、幸せでいられるのだと思います。

未来の自分を信じて、
どうぞいっぱいお幸せに♪


ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930