FX@外為ランキング

2013年08月 のアーカイブ

2013年8月28日 8時51分39秒 (Wed)

必要なのは生活改善

アーユルヴェーダでは、
私たちのからだは、
ヴァータ(風)ピタ(火)カパ(水)という
3つのエネルギー(ドーシャ)によって生命が維持されていると
考えます。

すべての人が3つのエネルギーをもっていますが、
どのエネルギーをどのくらいもっているか、
そのバランスはそれぞれ違っていて、
その違いによって、体質の違いや性格の違いが出てきます。

人はそれぞれ本来生まれ持った
このエネルギーバランス(ドーシャバランス)で
生きていくことができれば、
健康に寿命をまっとうできるのですが、

間違った食生活(コンビニ食や加工食品など)や、
間違った人間関係、
ストレスなどによって
本来持って生まれたエネルギーバランス(ドーシャバランス)が崩れてしまうと
病気や体調不良となってあらわれてきます。


そして、病気をしたり体調不良になると
「体質改善」が必要とよく言われますが、

アーユルヴェーダでは本来「体質」というのは
持って生まれたエネルギーバランス(ドーシャバランス)であり、
生まれてから死ぬまで変化しないもの、と考えますから、

必要なのは「体質改善」ではなく、
乱れてしまったエネルギーバランス(ドーシャバランス)を
もとに戻すための
「生活改善」「考え方の改善」、ということになります。



 

2013年8月27日 4時39分24秒 (Tue)

心の置きどころ

うまくいっている人がいたり、
幸せそうな人を見たりすると、

「いいなぁ」なんて思って、
なんだか焦る気持ちになったり、
自分の運のなさに悲しくなったりすることってないですか?

まだまだ人間の小さい私は、たまにあります・・・

でも、自然や子供に触れていると、
実はそんなことは全く気にする必要がないんだなぁ、
なんてことに気づかされます。

それよりも、どんな小さなことでも、
今、目の前にある自分のやるべきこと、
今、この瞬間に自分のできること、
に集中することが一番大切なんだと思います。


自然や子どもは、色々な真理を教えてくれると
つくづく感じますし、

ヨガでも、「今、この瞬間に集中」することの大切さを
いつも教えています。

全ては巡り合わせ。

他人と比べてどうこうではなくて、
「今、目の前のこと」「今、この瞬間のこと」に
集中することが、幸せへの近道であり、
何より大切なんだと思います。

--------------------------------------------------------
お待たせして大変申し訳ございませんが、
当サロンの11月分のご予約状況カレンダーは
9月1日にUPさせていただきます。

11月は体が冷え始める時期、
冬場の体調不良や免疫力低下、乾燥などが心配な方は、
是非お越しください!
お待ちしております。
 

2013年8月26日 12時27分22秒 (Mon)

汗をかきましょう!

アーユルヴェーダで、スヴェーダは「汗」を指します。
スヴェーダは脂肪組織から出てくる、と教えています。

当サロンでも、薬草オイルを全身にたっぷりと浸透させ、
全身をしっかりとほぐした後に、
「スヴェダナ」といって発汗をしてもらいます。

汗を出すことは、解毒や体内のいらない水分の排泄を
してくれます。

日本の夏は湿度が高く、なかなか良い汗がかけず、
体内に老廃物や水分がたまり、
むくみやだるさ、疲労感などにつながります。

太陽の出る前の朝や、陽の沈んだ後の夕方などに
ウォーキングなどして汗をかくようにしてみるのは
いかがでしょう?

また半身浴などをして汗をかくこともオススメです。

夏の疲れは今のうちに取っておくと、
秋に疲れがでませんし、体調を崩すこともなくなります!

--------------------------------------------------------

当サロンの11月分のご予約状況カレンダーは
9月1日にUPさせていただきます。

11月は体が冷え始める時期、
冬場の体調不良や免疫力低下、乾燥などが心配な方は、
是非お越しください!
お待ちしております。


 

2013年8月23日 22時32分25秒 (Fri)

インドで気づくこと

最近、サロンのお客様の中で、
インドに行かれる方が増えています。

今年はそういう年なのでしょうか・・・。

アーユルヴェーダを受けに行かれる方はもちろん、
ガンジス河を見に行かれる方、
アレッピーの水郷地帯のボート下りに行かれる方、
ヨガ修行に行かれる方など、目的はさまざまです。

でも、皆さん共通されているのは、
インドの旅の中で、
ご自身の心身や、生き方に
向き合うことになっている方がとても多いように思います。

そして自分自身の心身や、生き方を見つめ、
嫌な自分も良い自分も全て認めて受け入れることで、

きっと他人の中にあるものも、
自分のことのように大切に思えるようになって、

他人にもっと優しくなれて、
他人を無条件に受け入れることができてくるのだと思います。

そこまでの気づきがあれば、
この先は、とっても生きやすく、幸せに過ごせますね。

インドに行かれたお客様のお話を聞くたびに、
やっぱりインドは神秘的な国、
と私はそう思います。

2013年8月21日 8時29分44秒 (Wed)

逆説の10ヵ条

昨夜はとても美しい月が見えましたね。

昨日、友人と話をしていた時、
「逆説の10ヶ条」について話をしてくれました。

逆説の10ヶ条はかなり有名なようですが、
恥ずかしながら私は知りませんでした。

逆説の10ヶ条はニューヨーク生まれのケント・M・キースが大学生時代に書いたもので、
マザー・テレサも愛したといわれている言葉です。

とても素敵なのでご紹介しますね。


「逆説の10カ条」

1、人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2、何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと
  人に責められるだろう。 それでもなお、良いことをしなさい。

3、成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4、今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5、正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6、最大の考えをもった最も大きな男女は、
  最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7、人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8、何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9、人が本当に助けを必要としていても、
  実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10、世界のために最善を尽くしても、
   その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
   それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。


周りはどうであれ、自分の正しいと思うこと、
自分のやるべきことをやりなさい、ということですね。


ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031