FX@外為ランキング

2013年05月 のアーカイブ

2013年5月31日 20時24分28秒 (Fri)

最初に自分を褒める

「自分のこと褒めていますか?」
と、先ほど読んでいた本に書かれていたのですが、

「そういえば、最近自分のこと褒めてないなぁ・・・」
なんて思いました。

でも自分を褒めることって
実はとても大切なんだと思います。

自分を褒めること、
自分をいたわる気持ちがないと、
「どうして私だけ・・・」という気持ちになりがちで、
なかなか、人を褒めたり、いたわる気持ちを持つことが
難しくなります。


逆に、自分を褒めたり、
自分を十分にいたわってあげることができていれば、

家族のことを褒め、
夫を褒めて、
子どもを褒めて、
会社の人を褒めて、
友人を褒めて、いたわってあげることができます。

つまり自分を褒めて、いたわってあげることで、
結果的には、
周りの人を褒めて、いたわり、そこに幸せが生まれます。


自分に関わる人の幸せ、
社会の問題、世界の平和を考えるのなら、

まずは自分に優しくしてあげること、
思い切り褒めてあげること、
思い切りいたわってあげることが
大切なんだと思います。

いろいろ問題は山積みだったとしても、
まずは
「今週も私は、とってもよく頑張りました!えらい!」
と褒めてあげてください!

2013年5月29日 9時30分44秒 (Wed)

アレッピーのハウスボートでのんびりと

当サロンのお客様の中でも、
アーユルヴェーダを通して、

インドに興味を持たれたり、
インドでの本格的なアーユルヴェーダ治療
「パンチャカルマ(全身浄化療法)」に興味を持たれる方も多く、
今までも何名かのお客様が実際にいインドへ行かれました。

アーユルヴェーダを目的とされる場合には、
私はいつも南インドのケララ州をオススメしています。

インドの中でも、比較的のんびり、ゆっくり
過ごすことができるのが
アーユルヴェーダ発祥の地といわれている
南インドのケララ州。

ここではアーユルヴェーダはもちろん、
もうひとつオススメがバックウォーターツアーです。

アレッピーといわれる水郷地帯を
ハウスボートで楽しみます。

ベッドルームや、シャワー、トイレ、キッチンなどの
設備も付いているため、
そのままハウスボートで1泊します。

私もケララにいた時、
アレッピーをハウスボートでわたりました。

こんな風に、専属の船頭さんがひとりついて、
ボートを漕いでくれます。


img_20130529-094158.jpg

お料理も専属のコックさんがついて、
ボート内にあるキッチンで、朝・昼・晩と
とっても美味しいご飯を作ってくれます。

そしてティータイムには欠かせない、
美味しいチャイも完璧に淹れてくれました。

img_20130529-094658.jpg

こんな景色の中をずっとボートでのんびりわたります。

img_20130529-094754.jpg


当時、1歳だった息子もやはりボートでの旅はお気に入りでした。

img_20130529-094831.jpg

景色を楽しんだり、
本を読んだり、釣りをしたり。
しながらのんびり過ごします。


img_20130529-094909.jpg

夜になれば、岸辺にボートを停めて、
ボート内にベッドルームもシャワーもついているので、
そこで寝泊りをします。

そして水の上で、静かな朝を迎えます。

宿泊費用はハウスボートのランクによります。
私たちは一番安いランクだったような気がします(笑)

1人1泊3食+ティータイム付きで3000円程度だった
ように記憶しています。

ヨーロッパの方などがバケーションで来る場所でも
あるので、豪華なものだと、
1人3万円〜程度するハウスボートなどもあります。

南インドに行かれる際のご参考に!

2013年5月25日 16時18分01秒 (Sat)

自分のペースでどうぞ!

今日も良いお天気でしたね!

今日も素敵なお客様O様がいらしてくださいました。

O様はつい最近、迷いに迷って、
長年お勤めされた会社を辞めることを決められた、とのこと。

それまでには、かなりの葛藤があり、
ストレスも相当だったようですが、
6月いっぱいで辞めることが決まると、
気持ちが、スっと楽になったとのことでした。


長年勤めていた仕事を辞めることや、変えることは
理由がどうであれ、
やはり勇気がかなりいることだと思います。

今までの生活とガラリと環境が変わってしまいますから。

人間の防衛本能のひとつ、として
自分を取り巻く環境が変わることに対して
「不安」や「ネガティブ」な感情が沸くことは自然なことだと思いますし、

今はメディアなどでも、
日本の経済に対してネガティブな情報が多いため、
やはり不安にもなると思います。


でも、そんな不安要素だらけでいっぱいで、
自分の周り敵だらけ!に見えたとしても、
それでも、やっぱり
私たちは地道に自分の信じた道を進むことが良いのだと思います。


人は皆、それぞれ進むペースも進め方も違うのですから、
自分を追い抜いて行く人には
「どうぞどうぞ〜!」と笑顔で道を譲りながら、

本来の自分のペースで、心地よく歩きつづけた方が、
結局は息切れすることなく、疲れず、
寄り道なんかを楽しみながら、
進むことができるのだと思います。

そうしていれば、
気づいた時にはかなり遠くまで来ていた
なんてことになるのだと思います。


O様も、6月末で仕事をやめられたら、
インドにでも行こうか迷われてる、とのことでした。

これには「是非!!」
とオススメさせていただきました(笑)

日本とはまったく違う文化、人種、宗教観、
日本にはない階級文化が残るインドで
また違う価値観がひとつ増えることと思います。

大いに楽しんで来てください!!

2013年5月22日 15時37分50秒 (Wed)

サトヴァ(純粋性)の増やし方

昨日書いた、心の純粋な状態「サトヴァ」。

サトヴァが優位な人は、誠実で、謙虚で、
心の安定感があり、簡単に動揺しない、といわれています。

常によく考えて行動が出来て、
いつも自分を高める努力ができます。

では、サトヴァはどうしたら
増やすことができるのでしょう。

アーユルヴェーダではサトヴァを増やすためには、
「良い行いをする」こと、
そして、「オージャスを増やすこと」
心をサトヴァの状態にできる、と教えています。

良い行い・・・とは。

1.早寝早起き
毎朝5時前、遅くとも6時までに起き、
夜は22時前には眠りにつけることが理想です。
朝、起きたら新鮮な外の空気を胸いっぱいに吸いましょう。
散歩、ヨガ、瞑想などもお勧めです。

2.身なりを整え、挨拶はきちんと、悪口は言わない
アーユルヴェーダでは、身支度を整えること、
鏡を見ることも大切、と教えています。
また、挨拶は、自分から、丁寧に。
そして、人を傷つけるようなことや陰口は口にしないこと。

3.食事は感謝の気持ちを持って
アーユルヴェーダでは胃袋の中に神様がいて、
その神様に捧げものをするように食べなさいと言われます。
おしゃべりをしすぎず、よく噛んで味わい、
感謝しながら食べましょう。

4.オイルマッサージをする
セサミオイルを使って、体にすり込んでからシャワーで
洗い流してください。
セサミオイルの力で体が浄化されます。
マッサージをするときには、食後すぐは避けてください。
全身に塗る時間のない方は、足裏、耳、頭皮だけでもOKです。

5.呼吸法・瞑想をする
呼吸法、瞑想は、心を安定させて、
心にサトヴァを増やしてくれます。


また、オージャスが豊富な食べ物としては、
炊きたてのご飯、新鮮な果物、
牛乳、ギー、はちみつ、生アーモンド、などがあります。
生命力のある食べ物を体内に取り入れることで
心身ともにオージャスであふれてきます。


これから梅雨に向けて心身ともにアンバランスになりやすい
時期でもあります。

常に心がサトヴァ(純粋性)がいっぱいでいられるよう
日々の生活の中で少しづつ心がけてみてください


2013年5月21日 20時24分43秒 (Tue)

常にサトヴァの心で

アーユルヴェーダでは私たちの「心」は
3つのエネルギーで構成されていると教えています。

1.ラジャス(激性)
「欲望」のエネルギー。
このエネルギーが上がりすぎると執着したり、
怒りやイライラ・ストレスの原因になります。

2.タマス(惰性)
だるさや「停滞」のエネルギー。
このエネルギーが上がりすぎると
無気力になり何もしたくなくなります。

3.サトヴァ(純粋性)
自分と調和している「純粋」なエネルギー。
余計なものにとらわれない状態、穏やかな状態になります。


----------------------------

私たちの心はサトヴァ(純粋性)の状態にしておくことが
大切、とアーユルヴェーダでは言われています。


たとえば、私たちが何かを「やるぞ!!」と気合を入れ、
ラジャスのエネルギーで心をいっぱいにすると、
あとで、大きなダメージを受けます。

たとえば、新入社員がやる気満々で入社してきても
5月に突然やめてしまう、とか。

ダイエットをやる気満々でスタートしたのに、
ある時を境にドカ食いに走ってしまうとか、

無理な目標を立てて奮い立たせたのは良いけれど、
突然疲れてしまうなど。

このようにラジャス(激性)のエネルギーが
活発になっているときは
「ポジティブ」「情熱的」「前向き」とも考えられて、
一見、とても良いように思いますが、

本来の自分とかけはなれた
ラジャスのエネルギーの上がり方をすると
必ず、ダメージを受けます。


「絶対に一番になってやる!」
「もっとこうなりたい」
「もっと欲しい!」など

自分に合っていないものを求めていたり、
自分の実力以上のものを求めていたりなど、

自分の心ががラジャス(激性)の状態になっていたら、
どうぞ深呼吸をして、脱力をしてください。

そして、自分のペースを取り戻してください。

自分のペースで、目の前のやるべきことに集中することで、
サトヴァ(純粋性)のエネルギーが高まり
心が穏やかに、満足感を感じることができます。


サトヴァの状態でいるように気をつけていれば、
常に心は調和されて落ち着いて生活することができます。


周りの人や情報にまどわされて、
自分に合っていないことをしたり、
自分に合っていないことを求めず、

自分に本当に合ったことを選んで生活をしていれば、
心は常に穏やかで、
そして難しいことは起きないのだと思います。



ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

アーカイブ