FX@外為ランキング

2013年04月 のアーカイブ

2013年4月29日 21時16分57秒 (Mon)

ピタの乱れには森林浴へ

仕事の合間を見て、近くの山に登って、
森林浴を楽しんできました。

自分を見失わず、気持ちを落ち着けるには、
自然に触れることが一番だと思います。

人間も、自然の一部ですから、やはり自然に包まれることで、
本来の自分を取り戻すのではないでしょうか。

アーユルヴェーダでも、ピタ(火のエネルギー)
が増えすぎてしまった時、森林浴を勧めます。


img_20130429-221756.jpg
ピタが増えすぎてしまうと、
次のような症状が見られます。


【身体面】
・肌アレ、皮膚の炎症、ニキビ
・胃痛、胸焼け、口内炎が出来る
・空腹感が増し、過食気味になる
・辛いものや炭酸などの刺激物が欲しくなる
・口臭、体臭が強くなる
・冷たいものがほしくなる
・目が充血しやすい

【精神面】
・イライラしやすくなる
・批判的になる。人のあらが目につく
・満足できない
・楽しくなくなる
・自信がなくなる
・過度の完璧主義になる


img_20130429-221853.jpg

そして次のような生活がピタを増やしてしまいます

【日常生活】
・夜更かしする
・イライラする機会が多い
・暑いところにずっといる
・人と口論、討論することが多い
・勝負事や格闘ものを見る
 
【食べ物】
・塩辛いものや、香辛料の効いた辛いものをよく食べる
・酢、チーズ、サワークリームなど発酵食品の取り過ぎる

ピタが増えすぎた時、
出やすい体の部位としては、
肝臓、胆嚢、胃腸の疾患、皮膚疾患。

そしてアルコール依存症 ・・・

-----------------

ピタが増えたら、
とにかくクールダウンがキーワード。

・自然に触れる機会、森林浴をする。
・満月をゆっくり鑑賞する
・芸術など美しいものを見る
・何事もほどほどにし、自分に対しても、
人に対しても必要以上に完璧を求めないようにする

頑張りすぎで、
ピタが増えてきているかも、、、と心当たりのある方、
森林浴へどうぞ!

2013年4月28日 12時49分13秒 (Sun)

一生幸せでいたいなら・・・

最近、

『一日だけ幸せでいたいならば、床屋に行け。
一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚しろ。
一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
一生幸せでいたいなら、自分の心に正直でいることだ』

こんな言葉に出会いました。

モノや相手など外の世界に求めた幸せは、
慣れてしまったり、
飽きてしまったりするものです。

でも、自分の心や体の声に正直でいることは
ブレることなく、
自分を一生幸せにしてくれるのだと思います。

今の時期は、
環境の変化が激しくヴァータが増える時期でもあり、
また季節的にカパが増え、眠気やだるさもでる時期で、
イライラしやすかったり、
倦怠感や疲れが出やすい時期です。

そんな時こそ、
食べ物や買い物、遊びなど外の世界だけに
安らぎや幸せを求めるのではなく、

自分の心に
「本当は自分はどうしたいのか」
自分の体に
「本当は何が食べたいのか、何が欲しいのか」と
聞いてみると良いと思います。

一生幸せでいたいなら、
外の世界に求めすぎたり、
相手の顔色を伺いすぎたり、
見栄や無理をしすぎたりせず、
自分の心に素直に、ですね。

2013年4月26日 20時29分49秒 (Fri)

今日の満月

今日の満月は、とびきり美しいですね。

先日こちらでもご紹介した、
ジャータカ物語の「月の中のうさぎ

の話しを、今夜も子どもと一緒に読みたいと思います。

みなさんも、是非、見上げてみてください。

-----------------------------

「月の中のうさぎ」

むかしウサギには、
サルと、カワウソの友達がいました。

3人はとても仲良しで、夕方になるといつもその日にあったことを
ガンジス河の河岸で話し合っていました。


ある日ウサギが、
「明日が精進日だから、仏さまの教えを守って身を清めて、
困っている人にほどこしをする日だね。」と話すと、

3人は、
「明日は困っている人が来たら、精一杯、助けてあげよう」
と約束をしました。

こうして、サロは前日までに蜂の巣を、
カワウソは魚を準備しました。

ウサギは草を数本、
殺生しないために食糧を準備していました。

カワウソは言いました。
「もし今日困っている人が来たら、私の魚をあげよう。」

サルも言いました。
「もし今日困っている人が来たら、私の蜂の巣をあげよう。」

2匹の言葉を聞いたウサギは、急に悲しくなりました。
自分には困った人に出会っても、
草の葉っぱしかない、
でも、葉っぱなんて誰もほしがらない、
自分には与えるものが何もない・・・

そして、ウサギは言いました。

「もし、お腹を空かせた人が来たら、
私の肉を焼いてあげることにしましょう!」

それを聞いたカワウソとサルは、泣いて反対しましたが、
ウサギの決心は揺らぐことはありませんでした。

その日、腹を空かせ老人が、
三匹のところにやって来ました。

カワウソは準備していた魚を全部あげました。
サルも蜂の巣を全部あげました。

それでも老人はこう言ったのです。
「私はまだお腹が空いています。
もっと他にいただける物はないですか。」

しばらく三匹は黙っていましたが、
ウサギがついに言いました。

「私たちにはもうこれ以上あげる物はありません!
でも、私の肉をあげることはできます。
どうぞ、私を焼いて召し上がってください。」

そう言って、ウサギは火の中に飛び込みました。

その時、老人はウサギを抱きかかえ、
神様の姿に戻り天に昇っていきました。

そして、
「世界中の人々が、
人に分け与えることを知ったこのウサギの姿を忘れないように、
そして、この素晴らしい贈り物を
世界中の人々が覚えておくように。」 と

この兎が火の中に飛び込んだ姿を
月の表面に描いたのです。

月の中のウサギは、この時のウサギ、
そして、月の表面に雲のようなものがあるのは、
この兎が火に焼けた煙なのです。





2013年4月24日 20時45分30秒 (Wed)

嫌いな人の幸せを思う

この時期は、新しい環境に身を置く人も多く、
色々な人に出会う時期でもあると思います。

人は、心身のバランスが取れて、幸せを感じられると、
自然と人にも優しくできるもの、

その逆に、心身のバランスを崩して、不幸せを感じていると、
人に意地悪をしたりしてしまうものです。


仕事をしていると嫌なことを言ってきたり、
意地悪なことをしてくる人に出会うこともあると思いますが、

その人自身が幸せを感じることなく
毎日を過ごしているからこそ
意地悪なことをする、ということになります。

意地悪をしてくる人が、
恋愛がうまくいって幸せになった途端に優しくなる、
なんてことは、よくある話だと思います。


ですから、
自分に意地悪をしたり、嫌なことをしてくる人に対して、
「不幸になればいいのに!」とか
「許さない!!」と思ってはいけない、ということです。

「どうか、お願いだから、幸せになって!!!」と
その人の幸せを応援するのが
正しい対処法ということになります。


自分にとって嫌なことをしてくる人の幸せを願うことは
少し難しいかもしれませんが、
そうすることで、一番幸せで、得をするのは自分です(笑)!

そして何よりも、
自分自身は何を言われても、何があっても、
心身のバランスを崩さないよう、

アーユルヴェーダの知恵をうまく利用しながら
毎日を過ごしてみてください。

------------------------
【お知らせ】

7月から施術の開始時間を変更いたします。
午前は9時30分〜、
午後は13時30分〜、
のスタートにさせていただきます。
※今まで通り10時〜、14時〜スタートがご希望の方はお申し付けくだい。

2013年4月24日 7時36分25秒 (Wed)

7月から施術スタート時間変更いたします

7月分のご予約カレンダーを出させていただきました。

今までも、多くのお客様から
午前、午後ともに施術のスタート時間を早めて欲しい、
とご希望がありました。

そのため7月からは基本的に
午前は9時30分〜、
午後は13時30分〜、のスタートにさせていただきます。

今まで通り10時〜、14時〜スタートがご希望の方はお申し付けくだい。


ブログ

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

アーカイブ