FX@外為ランキング

2013年01月 のアーカイブ

2013年1月27日 23時29分57秒 (Sun)

赤ちゃんの純粋な力

今日は3月にご出産を控えたお客様が、
久々にいらしてくださいました。

お腹にいる赤ちゃんの様子や色々なお話伺えて
こちらまで幸せな気持ちをいただきました!

施術は膝下〜足、腕〜手、デコルテ、肩甲骨周りのトリートメントと、
オイルフェイシャル、オイルヘッドでした。

不思議なものですね、
お客様のお身体を通して、
赤ちゃんのリラックスしている感覚や、
赤ちゃんの温かい感覚がとてもリアルに伝わってきました。

私自身、とても温かくて幸せな気持ちになりました。

ところで赤ちゃんの話といえば、
インドの「贈り物」についての言い伝え。
これのこと書くのって何度目でしょう(笑)

私、大好きなんです、このインドの言い伝え。

次の3人に会いに行くときには、
あらかじめ贈り物を用意しなくてはいけない、というもの。

1人目:王様
王様は常に民の幸福を願っていて、謁見をすれば、
必ず帰りに贈り物をくれるから。

2人目:聖者
聖者に会えば、必ず幸福になるための知恵や勇気を授けてもらえるから。

3人目:赤ちゃん
赤ちゃんは穢れがなく、無邪気で純粋。
その純粋さが私達の心を清めて、癒し、幸福感を与えてくれるから。



赤ちゃんは本当にいいですね、
純粋で、清らかで、
まだ社会に出てくる前の、お腹の中からでさえも
私たちにいっぱい幸せをくれるのですから。

すごい大きな純粋のパワーです。

それに比べると、私たち大人は
子どもの頃から、
たくさん努力して、たくさんもがいて頑張っているはずなのに、
人を幸せにするどころか、
嫉妬心、競争心を抱いたり、
憎しみ、恨み、怒りを持ったり、
人をだましたり、人の不幸を願ったり・・・。

そして、
こう有るべきだとか
ああ有るべきだとか
これが悪いとか
あれが良いという
外側から作られた自分で生きていくようになるから、
どんどん本来の自分からかけ離れていき、
心にも体にもアーマ(毒素・未消化物)が溜まって、
本来の自分の(ドーシャ)バランスを崩し
生きづらくなっていきます。

本来の自分の心身の状態に戻すことの大切さを感じます。

赤ちゃんが与えてくれることは実はとても多いです。

今回もお客様のお腹のなかにいる赤ちゃんから、
たくさんの気づきと、
たくさんのパワーをいただきました!

ありがとうございました!
U様、元気な赤ちゃん産んでくださいね!!!

2013年1月26日 10時25分35秒 (Sat)

背伸びをしないこと

アーユルヴェーダでは、
本来の自分の体や心の状態に戻すことを目的にしています。

とはいえ、本来の自分の状態に戻すといっても
いったい何からはじめたらよいかなかなか
分からないものです。

はっきり言って私もわかりません。

でも、まずは自分の体質や性質を知り、
無理することなく、
自分に合った起床・食事・入浴・運動・睡眠・マッサージ・瞑想など
から少しづつ始めて行くことが大切なんだと思います。

きっとそれを続けていくと、
本来の無理していない自分が見えて来た時、
多くの人が自分が思っているよりも、
ちょっと駄目な自分に出会うことになると思います。

あ〜、やっぱりダメだなぁ、
なまけものだなぁ私って!と。

でも決して、今までの背伸びした自分を
本来の自分だなんて勘違せず、
そんな自分を本来の自分として生きないことがまずは
大切なんだと思います。

背伸びしたり
必要以上に頑張ったりすることは
本当は、本来の自分は駄目な所がいっぱいある! 
ということを知っていて、
その本来の自分から
逃げようとしているだけなのではないでしょうか。

それを繰り返していれば、当然疲れますし、
ストレスも溜まって、病気にだってなります。

もしもそんな生き方を続けていたら 
自分の手で、自分自身をどんどんと
疲れさせて、
淋しくさせてしまうのではないでしょうか。

体も心も自分の本来の状態に戻すこと、
ダメな自分でも、
本来の自分の体と心の状態で生活をしてみること。

アーユルヴェーダはそこに戻ることの大切さを
いつも教えてくれます。

もちろん私もできていませんが、
本来の自分から背伸びをしないよう、
こころがけています。

2013年1月25日 21時09分59秒 (Fri)

「気持ち」と「姿勢」

サロンにいらしてくださるお客様は、
大なり小なり悩みや問題を抱えていらっしゃいます。

身体や気持ちの悩みや、人間関係や仕事の問題など・・・

当然、私にももちろん悩みがあります!

そんな風に悩みや問題を抱えた時、
お客さまは、そして自分は、
一体何を一番必要としているのかな、なんて
よく考えたりします。


悩みや問題を抱えたとき、
本来、私たちが一番必要としているものは、
悩みや問題に対する明確な「対処法」や「答え」
ではないように思います。

何を置いてでも自分と真剣に向き合ってくれる
相手の「気持ち」や「姿勢」ではないでしょうか。

自分の身になって、自分と共に悩んでくれる 
相手の「気持ち」や「姿勢」を必要としているんだと思います。

そして私たちは、そんな相手の気持ちや姿勢を見たときに、 
自分の中に、自分の悩みや問題を見つめようとする
勇気や力が湧いてくるのではないでしょうか。

それが自分の抱える悩みや問題を解決する上での
大きな助けになるのではないでしょうか。

結局は問題を解決して、答えを出せるのは、
「自分」だけですから。

私も、目の前にいる人が、
悩みに立ち向かっていける勇気や元気をあげられるような、
そんな「気持ち」と「姿勢」を持っていたいな、と思います。

2013年1月21日 15時28分32秒 (Mon)

寛大でいられますように・・・

今日、とても素敵な女性とお話しする機会がありました。
そこでたくさんのことを思いました。

ひとつは「許すこと」について。

相手を許すこと。
理不尽なことをしてきた人に対して、
恋人、友人に対して、
上司、会社、部下に対して、
夫、妻、親、家族に対して・・・。

実際「許すこと」は言葉で言う以上に難しいものです。

頭では「許すこと」の大切さを分かっていても、
なかなかそれができないのが人間だと思います。

でもマハトマ・ガンジーの
「弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは、強さの証」
という言葉があるように、

いつまでも過去の過ちや出来事にこだわり、執着して
相手を許せないのは、自分の心の弱さ、未熟さ、
心の狭さの表れなのかもしれません 。

そもそも、相手を「絶対に許せない!!」
と思うのは、
相手に完璧、完全を求めているからではないでしょうか。

司馬遼太郎も
「人の諸々の愚の第一は、
他人に完全を求めるということ」と言っています。

まさにそのとおり、ですね。

歴史上、活躍された人物を見ても、
現役で活躍されている人を見ても、
本当に強い人は「寛大」で「しなやか」ですね。

あぁ。。。私、
もっと「寛大」でいられますように・・・。

2013年1月20日 21時56分19秒 (Sun)

潔く、にっこり笑顔で!

年度末に向けて、いろいろな変化が起きる時です。

ある日突然、自分の意思とは関係なく、
失うことになったり、
移動することになったり、
やめることになったり、なんてことがあります。

そんな時には喪失感で、
悲しくなったり、
なんで私が?という、
怒りの感情が湧き上がることもあります。

でも、そういう自然の流れに
抵抗しようと思うと、現状にしがみついていると
苦しみで悲しくなってしまうものです。

そんな時には、潔く、力を抜いて、
あっさりと、
「はいはいそうですか〜」と思って、
「ではでは、さようなら〜」と言ってみたりします。

すると不思議なもので、
次のものが入って来るものです。

いつまでも手放せず、手を握っていると、
次のものが入ってくる余裕ができません。

もちろん、次のことが決まっていない時には
手放すことが怖くなるかもしれないけれど、
でも、それでも潔く手放した時に、
期待以上の出会いや、
想像していなかった素敵な出会いがあったり
するものです。

春に向けて、
にっこり笑顔で、潔く、執着せずに、手放そう、ですね!


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031