FX@外為ランキング

2012年11月 のアーカイブ

2012年11月30日 23時24分10秒 (Fri)

今日の本

1日1日が、あっという間に過ぎていきますね。
気づけば、もう師走です。

今日も子供を寝かしつけた後、
ハーブティーを淹れて、
本棚に目を移して、気になった本を手に取りました。

これ、よくやります。
今、自分に必要な言葉をくれるような気がして。
毎回、その時、その瞬間、自分に必要な言葉が与えられているように
思います。

今日はヨガ関係の本でした。
ヨガの聖人スワミ・ラーマ師の言葉

「誰も真のあなたの姿を知りません。
誰にもあなたの全てを知ることはできません。
ですから、決して人の言うことにふりまわされないこと」

自分以外には自分がどんな家族で育ってきたかや、
どんな勉強をして、どんなことに興味があって、
どんな体験をしてきたか、なんて
知っているはずもないのですから、
自分を知らない人の言うことに振り回されて、
心を乱していては疲れるだけですね。

人はどれだけ人が羨むような素敵な環境を手に入れたとしても、
自分の心が乱れていたら、
それを幸せと感じることはできません。

幸せは穏やかな心があればこそ感じられるものなんだと
思います。

でも、弱っている時って振り回されるんですよね、
人の言うことに。
そういう時は深呼吸ですね、
そして、何が「真実か」を見ることが大切なんだと思います。

2012年11月27日 10時34分47秒 (Tue)

願い事はしない

先日、最上稲荷にお参りに行く機会がありました。
とてもステキなところですね。

岡山に来てから、吉備津彦神社や、岡山神社などには
参拝していましたが、最上稲荷は初めてでした。

神様の前で手をあわせる時、
願い事をしてはいけない、と言われています。

神様は必要なものや必要な事がらは
必要なタイミングで、
すべて与えてくれるのですから、
そこで、さらに欲しい、と願うのではなく
与えられているものに感謝をすることが大切、
ということだと思います。


欲望を実現させようと念じたり、願ったり、頑張ったり、
そうすることで、私たちは自然とのアンバランスを
生み出すことがあります。

願望達成や、成功法則など、
いろいろな情報が氾濫していますが、
でも、それが本当に自分のためにならなかったり、
自然のリズムと合っていなかったり、
自然との調和がとれていないことであれば、
物事はきっと思い通りには進まず、
ストレスを生み出して、
自分自身の心身のアンバランスも生み出してしまうと思います。

必要なもの、必要なことは
必要なタイミングですべて与えてくれる、
これくらいの気持ちでいると気が楽ではないでしょうか。

2012年11月23日 13時14分48秒 (Fri)

「妊娠」を迎えるまで

インドでは、健康で優秀な子供を授かるために、
子供がほしい夫婦は
アーユルヴェーダのドクターの診断を受けます。

アーユルヴェーダでは、
妊娠する際にもっとも重視するのは「受精時」です。

この瞬間に、子供の「体質」が決定されると
考えられているからです。

ドクターの指示に従って、
食事、生活、精神、行動、儀式などを気をつけ、
夫婦それぞれが一番バランスの良いドーシャの状態で
受精の時を迎えられるように行動します。

アーユルヴェーダでは、
ドーシャのバランスの取れた両親から産まれた子供は、
心身ともに健康で、
優秀な能力をもち、
有意義な人生と長寿を送ることができる、
と言われています。

これから妊娠をし、
健康なアーユルBABYをご希望される方、
まずは、ご自身のドーシャバランスを整えること、
心身のバランスを整えるところからはじめてみるのは
いかがでしょう?

2012年11月22日 21時39分29秒 (Thu)

「幸福になること」

アーユルヴェーダでは、
全ての生き物の目標は「幸福になること」と教えています。

そうはいっても、人生の目標は人それぞれだと思います。

お金や家、高価な物など、
物質世界から得る幸福を目標にする人もいますし、
地位や名誉を目標にする人もいます。

でもアーユルヴェーダはそのような
日常の小さな幸福だけでなく、
もっと高いレベルの幸福を得ることも目指しています。

そのレベルに至ると、不安や心配などから解放され、
肉体的、精神的、感情的に健康で、
自分自身と周辺環境とのバランスが取れた状態になります。

そのレベルに至るために、
まずは本来の自分(プラクリティ)を知るところから
アーユルヴェーダは入ります。

本来の自分の状態に戻り、
自然と調和して生きていくことができるようになると、
私たちは心から満たされ、
自分自身と調和し幸せな状態でいられることができると
アーユルヴェーダでは教えています。

全ての生き物の目標は「幸福になること」 。
今「幸福になること」に向かっていますか?

2012年11月19日 21時53分12秒 (Mon)

「スピード」から「深さ」に

暇になると不安になってしまう、
なんてことありませんか?

私も東京で生活していたときには、まさにこれでした。

スケジュール帳をいつも予定でいっぱいにして、
忙しくないと、落ち着かない、というものです。

でも「忙しい」という漢字は
「心を亡くす」と書きます。

心を亡くせば当然、
うまくいっても、いかなくても、
心が満足することはありません。

「結果」そのものには満足しても、
本当に自分の心が満たされることはありません。


私はもっと「スピード」を捨てて生活して良いのだと
いうことを、
アメリカでの生活、
世界各国でで出会った人々の生活、
そして、ここ岡山での生活を通して、
知ることができました。

人生のものさしを「スピード」ではなくて、
「深さ」に変えることで、
今までの世界がまったく違って見えてきました。

そしてそれがいかに幸せであるか、
健康であるか、
そして生きていくうえで効率的であるかを
今、つくづく感じています。

「スピード」から「深さ」に少しづつ
変えてみませんか?


ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930