FX@外為ランキング

2012年07月 のアーカイブ

2012年7月31日 10時17分57秒 (Tue)

悪循環に落ちないように

人は体の具合が悪くなると、
とたんにやる気がなくなってしまいます。

仕事に対する意欲やレジャーを楽しもうという気力が落ち、
あまりやらなくなってしまったり、
満足感や充実感を感じなくなります。

そうなると人は不満を感じて、
その代償として、手軽に自分を満たすものに
手をだします。

たとえば、食べ過ぎ(過食)や、
アルコールなどなどです。

でも、こうした代償の行為によるニセの喜びは
長く続けることで、心や体に大きな負担を
かけ、ますます体にアーマ(毒素・未消化物)を溜めていきます。

アーマ(毒素・未消化物)が溜まっていると
健康が損なわれて、
健康が損なわれるとやる気がなくなって、
その代償として別の手軽な喜びを求め、
そうすることで、さらにアーマ(毒素・未消化物)が
心と体に溜まっていく・・・
という悪循環を起こします。

一度悪循環に入ると、病気になるまでなかなか抜け出すことが
難しくなるものです。

日ごろから、自分の体や心にアーマ(毒素・未消化物)が
溜まっていないか、チェックをしてみてください。

2012年7月29日 9時11分59秒 (Sun)

今、この瞬間を生きること

「未来ため、将来のために、今頑張る」
そんな考え方で、自分は何年間過ごしてきたんだろう、
と考えたことありますか?

インドでは、
未来のために、今、頑張るなんて考え方を、
あまりしないそうです。
(もちろんそうではないインド人もいると思いますが)

いわれてみれば、
「未来のために、今、頑張る」なんて考え方、
少し違和感ありますよね。

それっていつまでがんばるつもり?
と聞きたくなります。

死ぬまでがんばるの・・・?

もし、今を未来のための「手段」として時間を使うとしたら、
その人は今ではなく、
永遠に「未来のため」に生き続けていることになります。

未来や過去ばかりを見て生きていたら
もっとこうしたい、
もっと欲しい、
もっと変わりたい、という
気持ちばかりが前に出てきて、

結局は、
今、目の前にあるものや人に感謝できず、
いつまでも気づくことができません。


未来のための「今」ではなく、
「今」を「今」として、
この瞬間、瞬間を楽しむことができたら、
不安や心配もかなり減りますね。

アーユルヴェーダでもヨガでも
「今」に集中することの大切さを教えてくれています。

今に集中をして
「今、この瞬間」を大切にして生きていくこと、
私たちに今求められていることではないでしょうか?

2012年7月26日 6時52分48秒 (Thu)

病気でも幸せであること

先日も書きましたが、
アーユルヴェーダでは、
単に病気や症状を抑えたり、
治すことを目的にはしていません。


アーユルヴェーダは、
ひとりひとりのドーシャバランス(エネルギーバランス)を
整え、本来の自分の体質・性質(プラクリティ)に
戻していきます。

西洋医学的にいえば、
この過程で、自然治癒力や免疫力が強化されて、
さまざまな病気や症状が治っていく、といわれています。

また、プラクリティ(本来の自分の体)に戻すことで、
たとえ病気は残っていたとしても、
病気によって悲観していた気持ちが薄れ、
本来の自分で生きることの、
多くの喜びや幸せを取り戻すことができます。


薬で部分的に痛みを抑えたり、延命するだけが
全てではないということだと思います。

病気や症状を持ちながらも、幸せに生きていける、
人間本来の生き方をアーユルヴェーダは教えて
くれるように思います。

2012年7月25日 9時01分03秒 (Wed)

子供って

「子供を連れての世界旅は大変だったでしょう?」
と良くいわれますが、
実際はあまり大変だった思い出がありません。

それより、息子を連れていることで、
現地の子供たちといっぱい触れ合えた
そんな思い出がいっぱいです。

img_20120725-090238.jpg

子供同士には、国境なんて関係なくて、
肌の色も、宗教も、文化の違いも関係なくて、
ただただ笑って、追いかけっこしたり、
抱っこしたり、頬にキスしたり。

img_20120725-090129.jpg

子供って、
本当は何が幸せか、
全部わかっているだと思います。

2012年7月20日 8時55分02秒 (Fri)

ブレながら見つける

ヨガは調身、調心、調息の3つの方法で
身体と心の健康と安定感を養います。

「調身」は、体を伸ばしたり、ひねったり、
緊張させたり、弛緩させたり。

この「調身」で、

身体を色々な方向に動かすことで、

体の重心を見つけ、
ピシッと姿勢を整えて座ることができます。

「あーでもない、こーでもない」
「もっといけるかな・・」
「もう無理かな」と
身体をグラグラさせることで、
自分の身体の重心、中心、核を
知り、見つけることができます。

これは、考え方や生き方にもいえるのではないでしょうか。

さんざん
「あーでもない、こーでもない」
「これ以上チャレンジしてみようかな」
「これ以上は無理かな」なんて
心の中でグラグラ揺れてやっていると、
だんだん、自分の重心や核になるものが分かってきたり
するのではないでしょうか?


そして、一度重心や核を見つけたら、
もうブレることはないのですから、
それまでは、グ〜ラグラ、グ〜ラグラ揺れて
大いに、あっちこっちとブレてみるのもありなんじゃないかと
思ったりします。



ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031