FX@外為ランキング

2011年11月 のアーカイブ

2011年11月30日 10時18分53秒 (Wed)

@ヴァータ体質の人の特徴

アーユルヴェーダ(インド医学)では、
すべての疾患を体質別にみていきます。
すべての体質はヴァータ・ピッタ・カパの3つに分かれます。

今日はヴァータ(風の性質)体質の方の特徴から説明
してみます。

【体の特徴】
痩せ型で肩幅、骨盤が狭く、胸板も薄い傾向
骨ばっており静脈、血管、じん帯などが浮き出ています。
関節もポキポキと鳴りやすい傾向。
全体にアンバランスなところがあり身長が極端に高かったり逆に低かったり、
胴体と比べて手足がとても長かったり短かったりします。
O脚や腕をまっすぐ伸ばしたつもりがくの字に曲がってしまう人もこの
タイプの特徴。


【部位の特徴】
乾燥傾向
皮膚は冷たく乾燥肌でザラッとした感じでひび割れていることもあります。
鮫肌の人も多く見られます。
色は浅黒く、黒いシミがでやすい
毛髪は乾燥してツヤがなく縮れており、フケや枝毛が多かったりします。
目はまつげが薄く奥目で小さくキョロキョロとよく動きます。
結膜も乾燥しツヤがなく、かゆみが出たりドライアイになりやすいです。
より目または間隔が開きすぎているのもこのタイプの特徴。
口唇はいつも乾燥していて割れやすいです。
歯は歯茎が後退気味で歯並びが悪く、不正咬合の場合もあります。
爪は大きさが不ぞろいで、割れやすく暗い色をしています。
ワシ鼻もヴァータタイプの特徴です。


【食欲の特徴】
食欲、消化は不規則で、
急にドカ食いしてみたり何かに熱中して食べるのを忘れてしまったりします。
(やせの大食い。いくら食べても太らない)
しかし、このタイプの人はエネルギーを瞬間的に使うことはできても、
持続力がないのでスタミナがきれると、
ヘナヘナとへたり込んで動けなくなってしまいます。
また寒がりで手足が冷たく冷え症です。
汗をあまりかかず、尿の量も少なく便秘の傾向があります。
(お腹にガスが溜まりやすい)
便の状態は乾燥して硬く、暗い色をしています。
女性の場合、生理不順、生理痛になりやすいです。


【行動の特徴】
創造的で快活、機敏ですが落ち着きに欠ける
早口でおしゃべり、歩くのも早いのですがすぐに疲れてしまいます。
話の内容は感覚的で論理性に欠けるところがあります。
新しいことにすぐ飛びついて次から次に始めたりしますが、
飽きっぽいところがあるので長続きしません。
また信念や考えがコロコロと変わり持続しません。

とかく不規則な生活習慣になりがちで、眠りが浅く短い傾向があります。
仕事や住まいをよく変えたりしますが、
新しい環境に順応したり人と打ち解けるのも速いです。
一方環境の変化に非常に敏感で、騒音が苦手です。

経済的にはお金を稼ぐのも速いのですが、
浪費傾向があり使うのも速いのでいつも貧乏なことが多い。


【心理的な特徴】
・ポジティブな面
心想像力旺盛、新しいものや変化が好きで、
物事を理解するのも速いのですが忘れるのも速いです。
いわゆる“ハイ”な状態(高揚感)とはヴァータタイプのポジティブな側面です。

・ネガティブな面
意志が弱く精神的に不安定で、
忍耐力、信頼感、大胆さに欠け恐怖に支配されがち。
神経質ですぐに緊張してしまったり、
何事につけ不安、心配になり衝動的に予測できない行動をとってしまうことも。

いかがでしょうか?
多く当てはまる部分がある人は
ヴァータ(風)の性質が強い人かもしれません。

一度チェックをしにいらしてみてください。

2011年11月26日 23時55分26秒 (Sat)

許さない

インドでお世話になった
私の大好きなアーユルヴェーダ医のDr.ギータ。

ある時、彼女が
「多くの患者は心に何かしらの怒りを抱えていることが多い、
許すことができない人が多い」
と話していました。

「確かに何か被害を受けたときに、
その相手を許すことはなかなか難しい。

でも自分が怒りを持って生き続けることは
とても辛く苦しく、エネルギーを消耗して、
そして病気になってしまう。

だから、相手のためではなく自分のために許すことが大切、
許しは自分を癒して、自分に力を与えることなんです
病気の治癒には許すことが大切なんです」

とも話していました。

確かに同じように傷つけられても
許すことができた人は心穏やかで
良い人間関係を築くことができ、
病気やストレスを抱える可能性が低い、と
聞いたことがあります。

また許すことができず、心に憎しみを溜めたままの人は、
心臓病になる可能性が高いとも。

大丈夫かな、、、私。
大丈夫かな、、、今の日本。

2011年11月26日 9時35分03秒 (Sat)

アーユルヴェーダの発展

アーユルヴェーダでは
身体・精神 ・ 魂 が
至福に満ちている状態を目指しています。

これらを達成するため、アーユルヴェーダでは、
人生には4つの目的があると教えています。

1.カーマ
人を愛すること。人生の中で愛や幸福を味わうこと

2.アルタ
人の役に立つため、富や社会的地位など物質的な価値を得ること

3.ダールマ
宇宙の真理に気づくこと (真理)

4.モークシャ
本当の自分に気づくことで、迷いの世界から抜けること(解脱)

ただ、これらの人生の目的を果たそうとしても、
心身に不調が出てくると、
人間はそれにとらわれてしまって
これらの4つの目的を達成できません。

そこで、アーユルヴェーダは
病気の予防や治療、健康増進を目的とする伝統医学として
発展してきました。

2011年11月24日 9時10分38秒 (Thu)

簡単!体内クリーニング法

もっともお手軽で格安な体内のクリーニング法。

さんざんオススメしていますが
「白湯」です。

まずは、朝起きたらお鍋に水を入れ、火にかけて、
10分間程度ぐつぐつと沸かし、おいしい白湯を作りましょう。
(電気ポットやIHコンロ、電子レンジでは効果半減です。
「火」を使って水を沸騰させることに意味があります)

そして、朝一番にできたてをまずはコップ1杯、
ゆっくりいただきます。

こうして胃腸を温めてアグニ(消化力)をあげ、
朝一番の排泄を促しましょう。

そして各食事の後、30分経ってからも、また白湯を。
これはダイエット効果も高くなります。

そのほかにもトイレの後などや、
喉が渇いた時などに白湯を。

1〜2ヶ月間、こうするだけで常にアグニ(消化力)をあげ、
胃腸のクリーニングができます。

お仕事や外出がある場合には、朝作ったお白湯を
魔法瓶に入れて、温かいものをできるだけ飲まれますように。
1日800ml〜1ℓを目安に。

白湯は最初は飲みにくい、おいしくないと感じるかもしれません。
それは体内にアーマ(未消化、毒素)がたっぷり溜まっている
証拠だと思ってください。

アーマがなくなっていくことで、どんどん白湯はおいしく
感じるようになってきます。
その頃には体調がかなり良くなってることに気づきます。

インドの病院では白湯がしょっちゅう出てきます。
休憩のたびに出てくるのは、
白湯とジャグリー(ココナッツの黒糖)のセット。

白湯は心身のバランスを整え、体も心も元気にしてくれます、
昔の人の知恵です。

2011年11月23日 22時08分53秒 (Wed)

スキップミールはいかが?

今日、スキップミールをするイベントが
東京で開催されています。

これは途上国で十分に食べることができない子どもたちを思い、
イベント参加者が
「スキップミール」(食事を抜いて飢餓を体感)をして、
その代金を寄付するイベント。

カナダ、台湾、イギリス、アメリカ、オーストラリア、
韓国、マレーシアなど10カ国以上ですでに開催されていて、
その活動も今年で40年目。


これって自主的にできますね。

きっとひとりでやっても、くじけてしまうから、
会社などで友達と一緒にやるのが良いですね。

ランチの外食を抜いて、その分を募金。
空腹に耐えながら、途上国の子供達が
毎日十分に食べることのできない辛さを疑似体験をする。

そしてダイエットのおまけつき。

まさに、一石三鳥。


ブログ

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

アーカイブ