FX@外為ランキング

2011年09月 のアーカイブ

2011年9月30日 9時47分39秒 (Fri)

本来の自分

アーユルヴェーダがいう健康とは、
単に「病気ではない」というものではありません。

毎日が清々しい目覚めで始まり、
朝の自然な排便があり、
食事が美味 しく、
仕事への熱意もあり、
そして楽しく遊び、
健やかな眠りがある。

こういう状態を「健康」としているのが、
アーユルヴェーダの考えです。

---------------------------------------

当サロンでは最初に
「プラクリティ」と「ヴィクリティ」の
チェックを必ず行います。

プラクリティとは、受精の瞬間に決まり、
一生変わることのない両親から受け継いだ体質、個性のこと。

この「プラクリティ」を
「本来の自分」であると考えます。

そしてアーユルヴェーダでは、
この状態に近づき、
維持できているとき「真の健康」を得ることができる
と考えています。

----------------------------------------

けれども、ほとんどすべての人は
生まれてから今日までの暮らしの中で、
ドーシャのバランスを乱す暮らし方をしています。

このバランスが崩れている状態、
本来の自分(プラクリティ)から遠ざかっている状態を
「ヴィクリティ」と呼びます。

そしてこのアンバランスな状態(ヴィクリティ)
が続くことで、その状態の自分が、
本来の自分だと思い込んでしまっていることがよくあるのです。

----------------------------------

例えば、生まれ持った体質がヴァータ(風のエネルギー)の人が、
日々のストレスからお酒を飲み甘いものばかり食べているとします。

過度のアルコールも甘いものも、カパ(水のエネルギー)
を増やす要素です。

本来一番低いドーシャであるカパが一番高くなってしまうと、
ヴァータ体質のほっそりとした体型ではなく、
太りやすいぽっちゃり体型になったり、
本来はあれこれと動き回ることが得意なはずなのに、
なぜか動くの面倒になってしまう、なんてことも。

まさに、ヴィクリティ(作られた自分)が、
プラクリティ(本来の自分)を覆い隠してしまっている状態です。

本来、自分の体質や性質はなんなのか、
そして、今どれくらい本来の自分から
ずれてしまっているのか、
一度チェックをしにいらしてください。

2011年9月26日 13時44分00秒 (Mon)

アヴィヤンガの意味

アヴィヤンガとはアーユルヴェーダの
伝統的な毒素排泄・若返りトリートメント。

インドの古典ではアヴィヤンガは

老化を防いで百歳の長寿を授かると言われています。

アビヤーサ『繰り返す』、
アンガ『手足』と言うサンスクリット語を合成した

『滑らかな物で繰り返しさする』


という意味の伝統的マッサージです。

----------------------------------------

たたっぷりのハーブオイルで全身の
『マルマ(中医学で言うツボと同じ』を刺激しながら、
体内のスロータス(管)の中の流れを良くして、
アーマ(毒素、未消化物)を溶かしはがしていきます。

オールハンドの体の深部まで届く贅沢なマッサージです。

アヴィヤンガの後には
発汗(スヴェダナ)をさせることで、
オイルで浮かせた
アーマ(毒素・未消化物)を排出させます。

岩盤浴と同じ効果のある遠赤外線マットを使って
しっかり発汗をしていきます。

発汗(スヴェダナ)の後は
ハーブオイルが浸透し、
アーマ(毒素・未消化物)が体外に出ようという働きによって、
身体が重くだるく感じることがあります。

定期的にトリートメントを受けられると、
油性のアーマがお通じから自然排出します。

アヴィヤンガはこんな方にオススメ→

アヴィヤンガのトリートメントを受ける3日前より
アーマパーチャナ(食事療法)を心がけていただけると
より効果的です。
アーマパーチャナの説明→


2011年9月25日 7時36分58秒 (Sun)

社会起業家コンテスト

昨日から仕事で東京に来ています。

昨日は仕事の前に横浜市で行っている
社会起業家ビジネスコンテストの
最終審査を聞きにいってきました。

友人がその社会起業家ビジネスコンテストの
ファイナリストに残っていて、
その彼のプレゼンを聞く意味もありいってきました。

社会起業家とは、社会の課題をビジネス的な手法で解決して、
よりよい社会を作ることをめざす人たちのことです。

使命感を持ち、社会の課題、世界の平和などに
立ち向かう人達のこと。


13名のファイナリストたちのプレゼンを聞きましたが、
どなたのプレゼンも素晴らしく、
本当に勉強になりました。

最優秀者には500万円の助成金が横浜市から出たそうです。

そして、その時また思い出したのが、
以前にも書きましたデイヴ・ペルザーの言葉。

----------------------------------

何があったとしても
命を奪われずにすんだのなら

その出来事は
人をより強くしてくれる。

----------------------------------

ぐずぐずしないで、
あなたよりも、もっと苦しんでいる人たちを
助けにいきなさい。

----------------------------------


社会起業家を目指す彼らに共通して見られるのは
この気持ちですね。

日々の生活に追われてしまうと、
ついつい忘れてしまいがちですが、
決して忘れてはいけない精神だ、と感じさせてくれました。

2011年9月22日 23時18分19秒 (Thu)

ヘナは髪と心の最高のトリートメント

最近はヘナを利用されている方も多いようですね。

当サロンにいらっしゃるお客様も、
とてもキレイな髪をされている方が多く、
お話を伺うと、「ヘナ」をされています。

界面活性剤の多く含まれたシャンプーやトリートメントへの
怖さを感じている方などは、
積極的に使われている方が多いですね。

頭皮は手の平よりも化学物質などの吸収率が3〜5倍以上あると
言われていますから、頭にのせるシャンプーやリンス、
トリートメントには気を使う必要があります。
(頭皮から吸収された化学物質は肝臓にダメージを与え、
子宮に溜まるといわれています。)

「茶髪は駄目と言われた理由」でも書きました

----------------------------------------------

ヘナは、インドを中心にパキスタン、モロッコなど
西南アジアから北アフリカにかけて広く自生している低木です。

日本語では「ミソハギ」と呼ばれています。


その葉を乾燥させ、
粉末にしたものを「ヘナ」と言います。

ヒンディー語では「メヘンディ」といい、
ヘナは頭皮を清潔にし、
アーユルヴェーダでは、ピッタ(火のエネルギー)
を沈静させるといわれ、
炎症、皮膚炎・皮膚科予防に使われてきた薬草です。

以前も書いたことがありますが
ヘナはインドなどでは
神事の時に使われていたものです。


日本ではヘアカラーとして広く知られていますが、
タンパク質不足でコシやハリがなくなった髪に、
キューティクルを甦らせ、
しなやかで艶のある髪を取り戻す、
最高の天然トリートメントなのです。

インドでは若い頃からトリートメントとして利用されています。

私もインドでヘナのトリートメントをしてもらっていましたし、
モロッコでは大衆浴場であるハマムに行った時には
来ている人同士でお互いの髪に塗りあっていましたし、
私のとなりに座ったおばさんも、ヘナを私の髪に塗ってくれました。

それくらい一般の人がトリートメント代わりに使うものなのです。

ヘナは単なるヘアカラー剤ではなく、薬草です

不安・恐怖感を取り除き自律神経を調節するので
トリートメントをすることで、
身も心もリラックスできると言われています。

私もヘナを利用していますが、
ヘナを使った後の、
頭のスッキリ感、軽くなる感覚、
そして目の疲れがとれる感覚、は
やめられなくなります。

ただしヘナを利用される際には、天然のものであるか
しっかりとご確認ください。



2011年9月21日 0時52分19秒 (Wed)

今日は少し驚きがあったので

私はブログにはお客様のことは基本的に書かないように
していますが、今日は大きな驚きがあったので少しだけ。

玉野市から遥々いらしてくださっているお客様。
もうすぐ還暦を迎えるという方です。

今日は3週間ぶりのご来店。
3週間前とあまりの変化に驚きました。

もともと品のあるおキレイな方でしたが、
表情や輝き方が増していて、
道端でお会いしたら、思わず振り返ってしまいそうなくらい
素敵で優しさとふんわりした雰囲気がが増していました。

-----------------------------------------

当店に最初にいらしていただいてから、
アーユルヴェーダの奥深さに興味を持たれ、
ご自身の体質や性質もしっかりと理解でき、
自らも書籍などで勉強され、
アーユルヴェーダの基本である白湯を続けたり、
自分の体質に合ったものを食べ、
自分の体質に合った生活をしている、
とお話ししてくださいました。

今ではコーヒーもおいしく感じず、
ほとんど飲まなくなりました、と。

白湯が甘くておいしい、と。

アヴィヤンガのトリートメントをしていても、
以前とは大きくカラダが変わってきているのが分かりましたし、
スヴェダナ(発汗)の際の汗の量もまったく違いました。

小さな粒のサラサラの良い汗をたくさん
かかれていました。

たったの3週間ですが、
人間ってこんなにも変わるんだな、と驚いてしまいました。
生活や体質を「変わろう」「変えよう」と思う人間の強さは
やはり違いますね。


実際に数字として大きく体重が減った、
とかいうことではありません。

本来持つ自分の体質や性質に戻すことで、
無駄なエネルギーを使うことなく、
シンプルに余計な力を入れずに
生活ができているのだと思います。

本来、人間の美しさというのは、
本来持つ自分のエネルギーを知り、
それを十分に輝かせることができてるか、
ということなのかな、と改めて思いました。

余計なものを取り入れすぎる必要もないですし、
余計なこともしなくていいと思うのです。
本来の自分のカラダに戻すことがまずは大切です。

人間は口では嘘をつけますが、カラダは正直です。

カラダから発せられるエネルギーは
決してごまかす事はできません。
そしてそれは相手に必ず伝わってしまうものです。

だからカラダの声に耳を傾け、
大切にしなければいけないのだと思います。

お客様から多くのことを感じさせていただきました。
ありがとうございました。


ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930